ブランディングと競合優位性を高める5つの方法

競合優位性 確立 高める
 
なっつん
ブランディングについて解説します

この記事にたどり着いた貴方は以下のように思っているのではないでしょうか。

・ブランディングを高める方法は浮かぶが自信がない
・ブランディングを高める手法が効果的でない
・ブランディングを高めるもっと効果的な方法を知りたい!

この記事では、競合優位性を確立する方法について解説していきます。

競合優位性を確立して自社ブランディングを高める
結論として、この記事の結論は以下の通りになります。
競合優位性を確立するメリット
・ブランディングを高めることが容易になる
・自社のビジネスが上手くいきやすくなる
・他の企業に負ける恐れがなくなる

 

競合優位性を確立する方法
・顧客を圧倒的に大事にする
・社会貢献活動を取り入れる
・希少価値を作る
・時代に合った手法
・イベントの開催

それでは、1つ1つ見ていきましょう!
スポンサー

競合優位性を確立する方法

競合優位性 ブランディング
 
なっつん
競合優位性を確立しましょう
・ブランディングを高めることが容易になる
・自社のビジネスが上手くいきやすくなる
・他の企業に負ける恐れがなくなる

競合優位性を確立することで上記の利点を得ることができます。

自社のブランディングを高める手法としてはその他に「マーケティング」「顧客の創出」「一貫性」「商品力」なども重要になってきます。

 
なっつん
まずは競合優位性を確立しましょう

しかし、競合優位性を高める

競合優位性を確立する方法としては以下の5つが挙げられます。

・顧客を圧倒的に大事にする
・社会貢献活動を取り入れる
・希少価値を作る
・時代に合った手法
・イベントの開催

どの方法も競合優位性を確立するには非常に有効ですので、ここで理解を深めておきましょう!

それでは1つ1つご紹介していきます。

企業ブランディング、競合優位性についてお悩みの方はご相談ください!!

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

 


もし、企業ブランディングや競合優位性でお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。
お話をヒヤリングさせていただき、
日本記録や日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

まずは無料相談する

顧客を圧倒的に大事にする

 
なっつん
顧客のことを考えましょう
顧客を圧倒的に大事にして競合優位性を確立する

競合優位性を確立してブランディングを高める1つ目の手法は、顧客を大事にすることです。

ただ大事にすることではなく、圧倒的に大事にすることを重要視していきます。

 
なっつん
圧倒的が重要なのですね

顧客を大切にすることはビジネスにおいても、ブランディングを高める点においても基本中の基本ともいえる事柄になりますが、圧倒的に大事にして競合他社に負けないほどに重要視している企業はめったにありません。

顧客中心主義を掲げる企業の代表例としては、お客様の満足度を高めることを一番に考えるAmazonが挙げられます。

【2022年最新】優位性を高める効果的な方法を徹底解説!

スポンサー

社会貢献活動を取り入れる

競合優位性 確立 高める
 
なっつん
社会に貢献することは大事ですね
社会貢献活動を取り入れて競合優位性を確立する

競合優位性を確立してブランディングを高める2つ目の手法は、社会貢献活動を取り入れることです。

競合優位性を確立し、ブランディングを高める例として今日考える必要が出ているのがSDGsです。

 
なっつん
最近よく聞きますよね

「国や世界の共通の目標に乗る」というテーマとも言え、世界共通の目標とだけあり、SDGsに着目している企業に注目が集まっています

競合優位性を確立するため以外にも投資家からの投資の指標として考えられることも多いです。

例としては、2030年までの目標として、食の持つ力で現在そしてこれからの世代のすべての人々の生活の質を高めることを掲げているネスレが挙げられます。

参考:ネスレ
https://www.nestle.co.jp

SDGsブランディングとは?事例やメリットを徹底解説

希少価値を作る

競合優位性 高める 確立
 
なっつん
希少性は欲しいですよね
希少価値を高めて競合優位性を確立する

競合優位性を確立する手法として、3つ目は希少価値を高めるという方法をご紹介します。

希少価値を高める方法としては生産数の限定なども挙げられますが、ここでは日本記録を取得することをお勧めします。

 
なっつん
圧倒的なブランド力にもなりますよね

日本記録を取得すれば、競合優位性を高めることに成功するだけではなく、売上の向上や顧客からの信用の獲得にも大いにつながるでしょう!

以前日本一へと挑戦し、企業ブランディングを高めた例がこのように多くあります。

キッズヘルメットの軽さ日本一

お菓子屋の標高日本一

日本一大きな金平糖を作っている会社

スポンサー

時代に合った手法

 
なっつん
時代の流れに乗りましょう
時代に合った手法を取り入れて競合優位性を確立する

競合優位性を確立してブランディングを高める4つ目の手法は、時代に合った手法を取り入れることです。

やはり、流行りのものは人々が注目しやすいですし、顧客からの注目を浴びます。

 
なっつん
皆スマートフォンを持っていますよね

特に今の時代は、ITが非常に盛り上がっていますので、SNSなどを活用して競合優位性を確立しましょう。

SNSの活用で有名な企業としてSHARPが挙げられます。

また、競合優位性の確立にも大いに役立つYouTubeの企画の考え方は以下の記事で解説しております。

イベントの開催

競合優位性 高める 確立
 
なっつん
イベントは楽しいですよね
イベントを開催して競合優位性を確立する

競合優位性を確立してブランディングを高める5つ目の手法は、イベントを開催することです。

イベントを行うことで、顧客とのオフラインでの接触が可能となり、来場者の認知度を高めるだけでなく、認知が深くなります。

 
なっつん
いいことが沢山ですね

日本記録認定会をイベントとして行い競合優位性を高めた事例もあります。

日本記録を取得することで、ブランド力を上昇させる結果だけではなく、顧客とのつながりを深めるきっかけも手に入れることができるでしょう!

ドローンで吊り上げた映像モニターのサイズ日本一

企業ブランディング、競合優位性についてお悩みの方はご相談ください!!

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。


もし、企業ブランディングや競合優位性でお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。
お話をヒヤリングさせていただき、
日本記録や日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

まずは無料相談する

まとめ

競合優位性 ブランディング

最後にまとめです。

この記事では、競合優位性を確立して自社ブランディングを高める方法について解説してきました。

今回この記事で紹介した、競合優位性を確立して自社ブランディングを高める方法は以下の通りです。

・顧客を圧倒的に大事にする
・社会貢献活動を取り入れる
・希少価値を作る
・時代に合った手法
・イベントの開催
競合優位性を確立することは、ビジネスが上手くいくために非常に大切な要素でしょう。
あなたのビジネスの競合優位性を高めるのにぴったりな方法が見つかりましたら幸いです。

スポンサー

ブランディングの最新記事4件