競合優位性 確立 高める

競合優位性を確立して自社のブランディングを高める方法5選

競合優位性 確立 高める
競合優位性 確立 高める

この記事にたどり着いた読者は、自社のブランディングを高めることを検討している自社のマーケティング担当者やブランディング担当者の方々ではないでしょうか。きっと、こんな悩みを抱えている方も多いはず!

  • ブランディング高める方法は少し浮かぶけど、自信がない・・・
  • ブランディング高める手法が効果的でない
  • 会社内でブランディングを高めるための案を提出したいけど、見てもらうのが怖い
  • ブランディング高めるもっと効果的な方法を知りたい!

・・・・とても分かります。

マーケティングやブランディングを検討していくにあたって、行き詰って悩むことは非常に多いですよね。

そんな読者の皆様に、自社ブランディングを高める方法として今回は競合優位性」を確立するというテーマで解説していきたいと思います。

是非、ブランディング効果的に高める方法としてお役に立てることができれば嬉しいです。それでは、始めていきましょう。

自社のブランディングを高めるための「競合優位性を確立する」という選択肢

ちなみに、自社のブランディングを高める手法はその他にどんなものがあるでしょうか。

例えば、

  • 「マーケティング」
  • 「顧客の創出」
  • 「一貫性」
  • 「商品力」

このようなものも上げられます。これら、全てが重要となることは自明でしょう。

今回採用した「競合優位性」を確立することで、

  • ブランディングを高めることが圧倒的に容易になる
  • 自社のビジネスがより上手くいきやすくなる
  • 他の企業に負ける恐れがなくなる

といった利点が挙げられます。

今回は、非常に有用な5つの「競合優位性を確立し、ブランディングを高める方法」をご紹介していきます。

顧客を圧倒的に大事にする

競合優位性確立して、ブランディング高める一つ目の手法は、「顧客を大事にすること」です。

ただ大事にすることではなく、圧倒的に大事にすること重要視していきます

顧客を大切にすることはビジネスにおいても、ブランディングを高める点においても基本中の基本ともいえる事柄になりますが、圧倒的に大事にして、競合他社に負けないほどに重要視している企業はめったにありません

今後もお付き合いしたい!
あそこの商品は絶対買いたい!

と言われるような顧客との向き合い方をしていくことで、競合優位性を確立することができるでしょう。

ここからは、顧客を圧倒的に大切にし、競合優位性を確立している例をご紹介します。

amazon

競合優位性 確立 高める

顧客中心主義を掲げる企業の代表例ともいえる存在です。顧客を圧倒的に大切にすることで、競合優位性を確立している最も優れた例の一つです。

amazonが顧客を重視するうえで大切にしていることは、

  • 顕在化したニーズに応えること
  • お客様のフリクション(摩擦、不都合)をなくす
  • すべての社員がお客様にとって最高の体験とは何かをすみずみまで考える

色々なコツがあるといえますが、お客様の満足度を高めること一番に考えるというのがキーになるといえるでしょう。
参考記事はこちら↓

https://dentsu-ho.com/articles/4510

amazonの例などを参考に、自社の競合優位性を確立ブランディングを高める戦略として取り入れるのはどうでしょうか?

社会貢献活動を取り入れる

競合優位性 確立 高める

競合優位性を確立し、ブランディングを高める例として、今回は今どんな企業の中でも考える必要が出ているSDGsです。「国や世界の共通の目標に乗る」というテーマとも言え、競合優位性を確立するため社会貢献活動を取り入れています

SDGsとは?

世界共通の目標とだけあり、今はSDGsに着目している企業に注目が集まっています。特に投資家からのこの企業に投資してもいいか、などの指標として考えられることも多いです。

ネスレやユニリーバが代表的な例としてよく取り上げられますが、SDGsに積極的に注目している企業として名高く、ブランディングを高めている好例ですね。

ネスレ

競合優位性 確立 高める

ネスレのSDGsの例を紹介していきましょう。
ネスレは、2030年までの目標として、

食の持つ力で現在そしてこれからの世代のすべての人々の生活の質を高めていきます

という目標を掲げています。
2030年に向けた長期的な目標は、5,000万人の子どもたちがさらに健康な生活を送れるように支援することです
こんな風に、SDGs、社会貢献でブランディングを高めていますね。

ネスレの社会貢献

自社の商品力などだけでなく、こういう別の切り口から競合優位性を確立し、ブランディングを高める方法も大いにありです。

希少価値を作る

競合優位性 高める 確立

競合優位性を確立する手法として、3つ目は希少価値を高めるという方法をご紹介します。

以前の記事で、ルイヴィトンの例をご紹介しました。

誰でも高められる競合優位性の例5選

ルイヴィトンは、「生産数を限定する」「直営店でしか販売しない」といった方法で競合優位性を確立し、ブランド力を高めています

希少価値を高める方法は他にも多く存在しますが、
一つの例に、その企業にしかないものをもつという希少価値の作り方があります。

UA-JAPAN RECORDSでは、「日本一」という希少価値を提供することで、競合優位性を確立し、ブランディングを高める方法を推進、サポートしています。

以前日本一へと挑戦し、企業ブランディングを高めた例がこのように多くあります。

キッズヘルメットの軽さ日本一

お菓子屋の標高日本一

最も大きな金平糖を作っている会社

その他にも多くの日本記録があります。
是非、競合優位性を確立し、ブランディングを高める方法として採用を検討してみて下さい!

お問い合わせはこちら

今の時代にマッチした方法を取り入れる

4つ目は、今の時代に求められていることを取り入れる方法です。やはり、流行りのものは人々が注目しやすいですし、顧客からの注目を浴びます。

特に今の時代は、ITが非常に盛り上がっていますね。
・DX戦略
・SNS広報

といった方法が特にトレンドです。

SNSで有名なのが、SHARPさん。

SHARPさんのTwitter戦略を模倣した企業さんは数多くありますが、

SNSで消費者との交流を行うことで、消費者の目に多く触れられるようになるだけでなく、そのようなブランドとして確立することも可能です。

イベントを積極的に行う

競合優位性 高める 確立

最後は、イベントを行う方法です。
イベントを行うことで、顧客とのオフラインでの接触が可能となり、
来場者の認知度を高めるだけでなく、認知が深くなります

来場者に限りはでますが、一人ひとりとの関係性を高めることができるのがイベントの強みです。
UA-JAPAN RECORDSの日本一記録でも、イベントを活用した事例があります。

ドローンで吊り上げた映像モニターのサイズ

顧客を大切にする」という方法ともつながりますね。

ブランディングを重視している会場と組み合わせることで、相乗効果を得ることも可能です。

大切なのは「どこにもできないこと」

重要なのはどこにもないことができることです。

その一つに「No.1を目指すこと」を再度提案します。

なぜなら、どの企業やブランド、個人にでもNo.1と言えるものは存在するからです。

決して、簡単に取得できる、というわけではありません。

しかし、そこにしかないNo.1を、埋もれてしまうままにするのは非常にもったいないことです。生かさないという手はありません。

日本一と呼べる何かが思いついたら、気軽に日本一への申請をして頂ければと思います。

もし、自信はないけどもしかしたら・・・と思うあなたには、気軽にお問い合わせ下さい。なんでもお答えします。

認定の流れ

是非、日本一を取得し、競合優位性の確立への一歩を踏み出してください。そして、企業ブランディングを高めることができたなら、本当に嬉しく思います。

お問い合わせはこちら

ブランディングの最新記事4件