過去に実際にあった商標登録の炎上事例と回避方法

商標登録 炎上
 
なっつん
商標登録の炎上を解説します!

この記事にたどり着いた貴方は以下のように思っているのではないでしょうか。

・商標登録の炎上事例を知りたい
・商標登録の炎上を回避したい
・商標登録の炎上に困っている

この記事では、商標登録の炎上を分かりやすく解説します。

商標登録の炎上について解説する

まず、結論から行くと商標登録の炎上に関する概要は以下の通りです。

商標登録の炎上の事例
1. ラブライバー
2.マリカー
3.ゆっくり茶番劇
4.面白い恋人
5.LADYGAGA
6.ゆうメール

商標登録の炎上を防ぐには客観性が大事

それでは、ここから商標登録の炎上について詳しく解説していきます。

商標登録の炎上についてお悩みの方はご相談ください!!

UA-JAPAN RECORDS事務局は、商標登録の炎上対策をサポートしています。

スタートアップ 競争優位性
もし、商標登録の炎上対策についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒアリングさせていただき、
商標登録の炎上対策につながる日本記録・日本一として認定することが可能な
貴社の「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

 
スポンサー

炎上とは

商標登録 炎上

炎上とは非難を浴びせられ、ファンが減少すること
 
なっつん
よく耳にしますよね

商標登録する際には、炎上リスクに関して十分に理解していることが求められます。炎上とは、企業やブランドに対して顧客や消費者から多数の批判や非難を浴びせられ、ファン層が急速に減少する状況を指します。炎上は、広告やプロモーションの失敗、一部の顧客への配慮不足などによって引き起こされます。

炎上は、大きなリスクをもたらすだけでなく、企業の信頼性やファン層の拡大にも深刻な影響を及ぼすため、予防、回避に力を入れることが必要です。

 
 
なっつん
未然に炎上を防ぎましょう!

炎上してしまった場合には、その影響から回復するのに多大な時間と労力を要することがあります。よって、炎上事例は、適切な回避方法とともに、事前に把握しておくことが重要です。

インフルエンサーに依頼する5ステップ

商標登録で炎上が起こる原因

商標登録 炎上

・商標登録時の調査不足
・商標登録申請書の不備
・商標の選択ミス
 
なっつん
原因はたくさんありますね!

商標登録で炎上が起こる原因はたくさんあります。

具体的に商標登録で炎上が起こる原因は上記の3つが挙げられます。

では、商標登録で炎上が起こる原因について詳しく見ていきましょう!

スポンサー

商標登録時の調査不足

商標登録 炎上

調査不足によって商標登録で炎上が起こる
 
なっつん
商標登録で炎上が起こる原因1つ目です

商標登録で炎上が起こる原因の1つ目は、調査不足です。

登録する商標が他社の商標と類似していた場合、その商標は既知のトラブルや炎上に直面する可能性があります。商標調査は、登録前に行う必要がありますが、多くの場合、調査が不十分であったり、調査結果を適切に解釈できなかったりすることがあります。

 
 
なっつん
解釈にも注意ですね!

商標登録の前に、まず、商標調査を行う必要があります。商標調査とは、すでに登録されている商標と類似しているかどうかを確認する作業です。調査は、商標データベースを使用して行うことができます。商標登録審査が行われるまでに、商標庁によって登録を拒否されることもあるため、炎上防止目的でも登録を行う前に調査結果を十分に確認することが必要です。

商標登録申請書の不備

商標登録 炎上

商標登録申請書の不備によって商標登録で炎上が起こる

 
なっつん
商標登録で炎上が起こる原因2つ目です

商標登録で炎上が起こる原因の2つ目は、商標登録申請書の不備です。

商標登録申請書には、原則として、商標を定義するための十分な情報が含まれている必要があります。申請者がこのルールに違反すると、商標申請が拒否されるだけでなく、企業にとって非常に深刻な状況や炎上を引き起こす場合があります。この状況では、企業が法的手段に訴えざるを得なくなった場合もあります。

 
 
なっつん
深刻な状況は避けたいですね

そこで、商標申請書の不備によって商標登録が炎上する危険性があることを企業が認識することが重要です。商標登録における重要な問題を洗い出した上で、適切な効果的な準備を行うことが必要です。

スポンサー

商標の選択ミス

商標登録 炎上

商標の選択ミスによって商標登録で炎上が起こる
 
なっつん
商標登録で炎上が起こる原因3つ目です

商標登録で炎上が起こる原因の3つ目は、商標の選択ミスです。

選択ミスがあると、不快な商標と認識されたり、既存の商標と似ているため、訴訟問題を引き起こす可能性があります。これは、商標の選択には十分な時間と質の高い検討が必要であることを示しています。

 
なっつん
時間をかけて検討しましょう

商標の選択ミスが起こる原因には、主に2つあります。一つは、商標のデザインが考慮されなかった場合です。商標は、会社のブランド戦略に大きな影響を与えるので、十分に注意して取り組むようにしましょう。

他の原因は、商標が既存の商標と競合する可能性がある場合です。競合する商標を登録することは、大きな法的問題や炎上に発展する場合があります。商標の登録には、特許や知的財産に関する法律や規制にも配慮する必要があります。

商標登録で炎上を避けたい理由

商標登録 炎上

・イメージに悪影響を与えるから
・業務を増やすから
・会計上の損失が大きいから
 
なっつん
炎上すると大変ですよね

商標登録で炎上を避けたい理由はたくさんあります。

具体的に商標登録で炎上を避けたい理由として上記の3つが挙げられます。

では、商標登録で炎上を避けたい理由について詳しく見ていきましょう!

海外進出に成功した日本企業の例 10選

イメージへの悪影響

商標登録 炎上

イメージに悪影響を与えるので商標登録で炎上を避けたい
 
なっつん
商標登録で炎上を避けたい理由1つ目です

商標登録で炎上を避けたい理由の1つ目は、イメージへの悪影響です。

炎上した商品やサービスは、一般消費者や社会全体から批判される場合があり、その企業全体に与える影響が大きくなることがあります。特に、SNSの普及により、炎上が瞬く間に広がる昨今、企業の不手際が大きく問題化しています。商標登録に失敗したことで、炎上がエスカレートし、企業の宣伝効果に悪影響を与える可能性があります。

 
 
なっつん
すぐに広まりますよね

商標登録が失敗し、別の企業と商標が重複・炎上してしまった場合、顧客は企業のサービスや製品に対する信頼を失うことがあります。その結果、企業のブランド価値を下げることにつながる可能性があります。

業務増加

商標登録 炎上

業務を増やすので商標登録で炎上を避けたい

 
なっつん
商標登録で炎上を避けたい理由2つ目です

商標登録で炎上を避けたい理由の2つ目は、商標登録申請書の不備です。

炎上は、製品の質や配送、顧客対応など様々業務へ影響を与えます。特に顧客から苦情や批判を受けた場合、それに対応することが必要になります。

 
 
なっつん
従業員も大変ですよね

商標登録に失敗した場合、自社の商品やサービスを宣伝するために、再度新たなマーケティング活動をする必要があります。また、商標登録が却下された場合、炎上に加え自社のブランドイメージが損なわれることがあります。

収益の損失

商標登録 炎上

収益の損失が大きいので商標登録で炎上を避けたい
 
なっつん
商標登録で炎上を避けたい理由3つ目です

商標登録で炎上を避けたい理由の3つ目は、収益の損失です。

商標登録による炎上は、商品やサービスへの影響を与え、多大な収益損失を引き起こすことがあります。例えば、数年前に行われた一件で、企業が商標を登録する前に、それがすでに存在していたことに気が付かず登録したことが問題となりました。この事例では、商標を登録した該当企業は、競合他社からのクレームや不満の対象となり、損失が発生しています。

 
なっつん
企業も成長しますね!

商標登録は、ブランドの価値を保護するうえで、不可欠な手段です。そのため、商標登録について十分に慎重に対処することで、商標登録による損失を最小限に抑えることができます。

SDGsを使った自治体の面白い取り組み10選【2023年最新版】

商標登録の炎上事例

商標登録 炎上

 
1. ラブライバー
2.マリカー
3.ゆっくり茶番劇
4.面白い恋人
5.LADYGAGA
6.ゆうメール
7.どん兵衛
 
 
なっつん
商標登録の炎上の事例はこちらです!

商標登録の炎上の事例は沢山あります。

具体的に商標登録の炎上の事例は上記の7個が挙げられます。

では、商標登録の炎上の事例について詳しく見ていきましょう!

商標登録の炎上についてお悩みの方はご相談ください!!

UA-JAPAN RECORDS事務局は、商標登録の炎上対策をサポートしています。

スタートアップ 競争優位性
もし、商標登録の炎上対策についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒアリングさせていただき、
商標登録の炎上対策につながる日本記録・日本一として認定することが可能な
貴社の「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

ラブライバー 

商標登録 炎上

ファンネームを商標登録して炎上した
 
なっつん
商標登録の炎上の事例1つ目です

商標登録の炎上の事例1つ目はラブライバーです。

アニメや映画、漫画で人気の「ラブライブ!」のファンや関係者を表す言葉として、「ラブライバー」広く使われていました。しかし、彼らが商標登録を行った際、既に「ラブライバー」という名称を使っていたファンが存在したため、大きな波紋が広がりました。その結果、一部のファンからは抗議の声が上がり、SNS上での炎上などでも話題になったのです。

 
 
なっつん
ファンの熱意はすごいですよね

この商標登録が問題視された理由は、ファン自身が作り上げた名称を勝手にお金を払って登録したことであり、さらにそうした行為はファンに忘れられない傷を与えたことにあると考えられます。そのため、ファンはもちろん、それに関連するビジネスや商品にも影響を与え炎上につながることになりました。

商標登録の際は慎重に行うことが必要です。商標登録を行う前に、その商標が既に使用されているか、炎上が予測されるか、それを客観的な立場で評価することが重要です。

マリカー 

商標登録 炎上

略語を商標登録して炎上した
 
 
なっつん
商標登録の炎上の事例2つ目です

商標登録の炎上の事例2つ目はマリカーです。

マリカーとは、任天堂が発売した「マリオカート」の実写版車両を貸し出すビジネスです。しかし、商標の問題から任天堂と訴訟問題になり、広く報じられることになりました。炎上の事例としても非常に興味深いものです。

 
 
なっつん
有名ですよね

炎上した理由は、商標侵害にあたると判断されたことです。任天堂は商標法4条1項15号と4条1項19号を根拠に異議を申し立てました。

15号 他人の業務に係る商品又は役務と混同を生ずるおそれがある商標(略)
19号 他人の業務に係る商品又は役務を表示するものとして日本国内又は外国における需要者の間に広く認識されている商標と同一又は類似の商標であつて、不正の目的(略)をもつて使用をするもの(略)

この炎上で得た教訓として商標登録の手続きを正確に行ってから、ビジネス展開を進めることが大切であることが挙げられます。そして、もしも商標侵害が発覚した場合は、炎上前にすぐに対処することが必要です。

ゆっくり茶番劇 

商標登録 炎上

ジャンル名を商標登録して炎上した
 
なっつん
商標登録の炎上の事例3つ目です

商標登録の炎上の事例3つ目はゆっくり茶番劇です。

「ゆっくり茶番劇」は、炎上した商標登録の代表的な例であり、多くの人々を驚かせた出来事です。動画共有サービスのYouTubeやニコニコ動画において動画のジャンルを表す単語として使用されていた「ゆっくり茶番劇」について、2022年にYouTuberである柚葉/Yuzuhaが商標登録を行い、この単語を使用する動画投稿者などから利用料の徴収等を試み、炎上しました。

 
なっつん
なるほどです

これに対して、動画配信サイトのニコニコ動画を運営する「ドワンゴ」は「ゆっくり茶番劇」の商標登録に対する無効審判の請求、動画投稿者などが使用料を請求された場合に相談できる窓口の設置、独占を防ぐため「ゆっくり」に関係する複数の文字列について商標登録出願を行いました。

炎上によって生じた影響は、様々なものがあります。一部のファンは彼らを擁護し、その他の人々は彼らを非難しました。彼らは業界での信頼を失い、長期的な視野で見ても商業的な利益を失うこととなりました。

面白い恋人 

商標登録 炎上

パロディを商標登録して炎上した
 
なっつん
商標登録の炎上の事例4つ目です

商標登録の炎上の事例4つ目は面白い恋人です。

「面白い恋人」事件とは、有名なチョコレート菓子についての「白い恋人」の商標権を有する石屋製菓が、「面白い恋人」というお菓子を販売する吉本興業を商標権侵害で訴えた事件です。商標権侵害および不正競争防止法に基づいて販売差止め及び廃棄を求める訴訟が起こりました。

 
 
なっつん
名前が似ているだけで訴えられるのですね

炎上によって生じた影響として、当然ながら、企業のイメージ低下につながりました。この商標登録によって、炎上した企業の評判が急激に落ち込んだため、多くの人がこの企業を避けるようになり、顧客の減少が生じました。しかし、この商標登録に対して、企業側はあるアドバイザーに意見を求めた結果、商標登録を取り消すことに決めました。そして、この炎上は収まりました。

LADYGAGA 

商標登録 炎上

個人名を商標登録して炎上した
 
なっつん
商標登録の炎上の事例5つ目です

商標登録の炎上の事例5つ目はLADYGAGAです。

レディー・ガガの本人事務所が、日本で「LADY GAGA」をCD等の商品分野で商標登録しようとしたところ、LADY GAGAが歌手名と認識されればそれは品質表示に過ぎず、自他商品識別機能を果たし得ない」として商標登録を拒否されたのです。

 
 
なっつん
個人での商標登録でも気をつけましょう

結果的に、この商標登録の炎上によって、LADY GAGAのイメージが大きく傷ついてしまいました。彼女のファンたちは、彼女が商標申請に関して無関心だったことを非難し、不信感が高まったため、商品の販売数が大幅に減少しました。

彼女の弁護士は、状況を詳しく説明し、商標登録手続きをやり直したところ、炎上は解決しました。LADY GAGAは、ファンや音楽業界に対する説明を行い、信頼を回復することができました。

ゆうメール 

商標登録 炎上

ファンネームを商標登録して炎上した
 
なっつん
商標登録の炎上の事例6つ目です

商標登録の炎上の事例6つ目はゆうメールです。

「ゆうメール」の商標登録を巡っては、炎上という事態が発生しました。これは、日本郵便が「ゆうパック」という商標と区別するため、「ゆうメール」という商標を出願し、一部の人々から批判を浴びたためです。この炎上によって、「ゆうメール」の商標登録に対する反発が高まった他、日本郵便のイメージが損なわれる結果となりました。

 
 
なっつん
耳なじみがいい言葉も注意なんですね

郵便事業株式会社が「ゆうメール」の名称を使用していることに対し、札幌にあるメールサービス会社が自社の商標権を侵害しているとして裁判を起こし、郵便事業株式会社に「ゆうメール」の使用中止を命じる判決が出ました。

「ゆうメール」商標登録問題については、日本郵便は商標登録について説明を行い、炎上は収まっているとされています。炎上の原因となる問題と、それに対する解決策が明確に検討された上で、公正で独立した委員会がこれらの問題を解決するようになっているため、今後も企業や組織、組織関係者による業務上の判断においては、より一層の注意が必要になることが予想されます。

商標登録で炎上した後の対処法

商標登録 炎上

・迅速な指示
・正確な情報発信
・専門家の協力
 
なっつん
炎上すると大変ですよね

商標登録で炎上した後はどのように対応したら良いのでしょうか。

具体的に商標登録で炎上した後の対処法として上記の3つが挙げられます。

では、商標登録で炎上した後の対処法について詳しく見ていきましょう!

【2022年最新】優位性を高める効果的な方法を徹底解説!

迅速な指示

商標登録 炎上

迅速な指示で商標登録での炎上に対処する
 
なっつん
商標登録で炎上した後の対処法1つ目です

商標登録で炎上した後の対処法の1つ目は、迅速な指示です。

商標問題が発生し炎上した場合、迅速な対応が求められます。迅速に炎上を解決することができるように、事前に確認を行い、問題が発生した場合には、すぐに関連部署に対して対処するよう指示しましょう。また、炎上に不安や懸念がある場合は、お詫びの意を伝え、正確・公平な情報を提供することが大切です。このような方法を用いることで、炎上を最小限に抑え、利害関係者の信頼を得ることができます。

 
 
なっつん
速さが勝負ですね

商標登録において、炎上した後の対処法は迅速に行うことが非常に重要です。炎上後に早急に対処することで、誤解や悪影響を最小限に抑えることが可能です。特に、炎上が広がってから対応するよりも、炎上の初期段階での早急な対応が求められます。

炎上に対して素早く対応しないと、問題がより複雑化し、ブランドの信用を損なうことになります。一方、炎上に迅速に対応しなかった場合、商標登録が戦略的な機会からリスクとなることがあります。炎上を放置することで、信頼を失い、顧客やステークホルダーから悪印象を持たれることになります。この炎上による悪印象は、企業にとって長期的な影響をもたらすことがあります。

正確な情報発信

商標登録 炎上

正確な情報発信で商標登録での炎上に対処する
 
なっつん
商標登録で炎上した後の対処法2つ目です

商標登録で炎上した後の対処法の2つ目は、正確な情報発信です。

商標問題が発生した場合、炎上についての正確な情報を提供することが重要です。炎上の情報が不十分だと、炎上の解決が遅れたり、余計な誤解が生じたりします。正確な情報発信を怠ると、客やパートナーに対して不信感を抱かれたり、ブランドイメージの悪影響を招いたりする可能性があります。したがって、正確に情報を収集し、商標登録で起こった炎上について公正に報じることが不可欠です。さらに、対策を打つために必要となる情報、手続き、期限などを明確にすることも重要です。

 
 
なっつん
ビジネスにおいて情報は大切ですよね

一方で、誤解を解くための正確な情報が提供されても、適切な形で伝えなければ意味がありません。情報を提供する必要がある様々なプラットフォームがありますので、各プラットフォームそれぞれに合わせた対策を取る必要があります。文脈に合わせた情報の発信や、炎上の原因を正確に理解し、早急に対処することが必要です。

【最上級表現を広告で使う時の注意まとめ】

専門家の協力

商標登録 炎上

専門家の協力で商標登録での炎上に対処する
 
なっつん
商標登録で炎上した後の対処法3つ目です

商標登録で炎上した後の対処法の3つ目は、専門家の協力です。

商標問題に対処する際には、専門家の協力を得ることが有効です。商標登録の専門家に相談することで、炎上の交渉、解決、訴訟手続きなどの段階で、最善の助言を受けることができます。専門家は、法的手続きや商標登録に関連する問題に熟知しており、ビジネスのオーナーや経営者にとっても、非常に価値のあるパートナーとなるでしょう。

 
 
なっつん
専門家は心強いですね

専門家の協力を得ることができなかった場合、商標登録の炎上によって生じる悪影響はさまざまです。最も深刻な影響は、訴訟手続きによる法的責任を負わされる可能性です。また、商標登録の取り下げや変更によって、企業のブランド価値に悪影響を及ぼすこともあります。これらのリスクを避けるためにも、商標登録に関する相談は、速やかに専門家に依頼することが重要です。

商標登録で炎上を防ぐには

商標登録 炎上

・専門家への相談
・類似商標の調査
・客観性の検討
 
なっつん
未然防止は大切ですよね

商標登録で炎上を防ぐにはどのように対応したら良いのでしょうか。

具体的に商標登録での炎上の防止策として上記の3つが挙げられます。

では、商標登録での炎上の防止策について詳しく見ていきましょう!

自社調べを使うときの注意点と解決策とは

専門家への相談

商標登録 炎上

専門家への相談で商標登録での炎上を予防する
 
なっつん
商標登録での炎上の防止策1つ目です

商標登録での炎上の防止策の1つ目は、専門家への相談です。

商標は、企業やブランド自身を識別するためのものであり、同時に消費者にもブランドの認知度を高めることができます。しかし、商標登録をする際には、誤った情報や設計の選択により、炎上してしまうこともあります。商標登録をする際には、専門家のアドバイスによって、炎上を防ぐことができるかもしれません。商標登録は、企業とブランドの認知度を高めるための重要な要素であり、適切なアプローチが必要です。

 
 
なっつん
専門家しか持っていない情報もありますね

一見、商標登録は非常に単純に思えますが、実際には慎重に考える必要があります。商標登録であっても、限定された範囲内に使用するものではなく、将来にわたって広範囲な範囲内に広げることができる可能性があります。そのため、将来的な展開を考え、専門家に相談することは将来への投資だと考えることもできますね。

類似商標の調査

商標登録 炎上

類似商標の調査で商標登録での炎上を予防する
 
なっつん
商標登録での炎上の防止策2つ目です

商標登録での炎上の防止策の2つ目は、類似商標の調査です。

商標登録後、一度削除したり変更することができないため、類似商標や普及した言葉の調査が大切です。商標登録には多くの時間やコストがかかることがありますが、商標登録が適切に行われることによって、炎上を防ぎ法的権利の保護や商標の信頼性が向上することが期待できます。類似商標の使用による炎上の影響がなく、特定の商標を保護する直接的な目的もあるため、適切な調査を行い、商標登録を行うことが大切と言えます。

 
 
なっつん
何事も事前の準備は大切ですね

商標登録に関する情報収集を行うことも重要です。商標が初めてである場合には、商標に関する正確な情報や、他社やブランドとの差別化を考慮する必要があります。また、商標を保護するには、登録の手続きが必要です。この手続きには、技術的な特徴や、設計に関する最新の手法が必要です。

No.1調査の事例やメリット、やり方を徹底解説

客観性の検討

商標登録 炎上

客観性の検討で商標登録での炎上を予防する
 
なっつん
商標登録での炎上の防止策3つ目です

商標登録での炎上の防止策の3つ目は、客観性の検討です。

商標登録で炎上を防ぐためには、客観的な視点が非常に重要です。例えば、商標が他者から模倣される可能性がある場合、商標登録申請前に慎重に調査することが必要です。また、自社の製品やサービスに関連する商標であることを確認することも大切です。商標登録は、自社の価値を高める方法でもありますが、炎上を回避するために慎重な取り組みが必要です。

 
 
なっつん
客観性は信用に直結しますよね

客観的に考える基準として、事実やデータが一般的によく使われます。データは感情や偏見ではなく、客観的な情報源として利用できます。自分自身の意見や思い込みにとらわれず、事実とデータをもとに見極めることが重要です。そして、客観的視点を持った意見や判断を、公正かつ敏感に伝えることが必要です。

客観性が保証されれば炎上しない

商標登録 炎上

客観性を保証して商標登録の炎上を防止するならUA-JAPAN RECORDS
 
なっつん
なんとしても炎上は避けたいですよね

ここまで、商標登録の炎上について解説してきました。

実際に商標登録で炎上した事例は多く、一度炎上すればその後の経営に大きな影響をもたらします。炎上を防ぐキーワードとして「客観性」が挙げられますが、客観性を保証するには第三者からの認定が一番の近道です。

 
 
なっつん
論より証拠です!

UA-JAPAN RECORDSではデータに基づいたもののみを承認しています。実際、UA-JAPAN RECORDSには多種多様な企業様のブランド確立に貢献してきた実績がございます。

常時無料で相談を受け付けていますし、お問合せして後悔はさせません!

商標登録の炎上についてお悩みの方はご相談ください!!

UA-JAPAN RECORDS事務局は、商標登録の炎上対策をサポートしています。

スタートアップ 競争優位性
もし、商標登録の炎上対策についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒアリングさせていただき、
商標登録の炎上対策につながる日本記録・日本一として認定することが可能な
貴社の「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

まとめ

商標登録 炎上

この記事では商標登録の炎上を解説しました。

商標登録の炎上の概要は以下の通りです。

商標登録の炎上の事例
1. ラブライバー
2.マリカー
3.ゆっくり茶番劇
4.面白い恋人
5.LADYGAGA
6.ゆうメール

商標登録の炎上を防ぐには客観性が大事

この記事が商標登録の炎上を防ぎたいあなた・貴社のお役に立てましたら幸いです!

スポンサー

一般の最新記事4件