No.1調査の事例やメリット、やり方を徹底解説

NO.1 証明 リサーチ 調査会社 日本一 日本初 日本記録

なっつん
No.1調査について解説します!

この記事にたどり着いた貴方はきっと以下の事を考えているのではないでしょうか。

・No.1を証明してくれる会社を探している!
・No.1の調査を依頼したい!
・No.1になってブランディングを成功したい
この記事では、No.1調査の事例やメリット、やり方について解説していきます。
No.1調査の事例やメリット、やり方を学ぶ
まず、結論から行くとNo.1調査の事例やメリット、やり方は以下の通りです。
No.1調査の事例やメリット、やり方は以下の通りです
・信憑性が上がる
・誇大広告リスクを回避できる
・他者と差別化(ブランド化)できる
それでは、ここから、No.1調査について詳しく解説していきます。

No.1調査とは

NO.1 証明 リサーチ 調査会社 日本一 日本初 日本記録

なっつん
No.1調査とはどのような物なのでしょう?
No.1調査は第三者機関によって行われる調査の事である
No.1調査とは個人、団体、法人が自分が持っている商品、サービス、記録が
No.1である事を証明してもらうために、第三者機関に調査依頼をすることです。
No1.調査で調査される内容は商品サービスの技術や数量といった物の他、
人気調査や好みのランキング等、エンタメ性の強い調査など様々あり、
どの分野に関するNo.1調査を行っているかは調査会社によって異なります。
なっつん
都道府県魅力度ランキングとかありますよね!

No.1調査のメリット

NO.1 証明 リサーチ 調査会社 日本一 日本初 日本記録

なっつん
なぜ第三者機関に依頼するのでしょう?
No.1調査を行うメリットを3つ紹介した
No.1を調査する会社があると言う事は分かりました。
では、なぜNo.1を名乗るために第三者機関である調査会社に依頼するのでしょう?
なっつん
普通に名乗ってはダメなのでしょうか?
それにはしっかりとした理由とメリットがあります。
No.1調査を実施し、No.1になる事で得られるメリットは以下の通りです。
・信頼性の向上につながる
・誇大広告を回避することができる
・他者との差別化(ブランド化)ができる
ひとつひとつ解説していきたいと思います。
No.1調査についてお悩みの方はご相談ください!!

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

スタートアップ 競争優位性
もし、No.1調査についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒヤリングさせていただき、
No.1調査につながる日本記録・日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

信憑性が上がる

NO.1 証明 リサーチ 調査会社 日本一 日本初 日本記録

なっつん
他者に言われてこそNo.1
自称ではなく客観的に評価されることでNo.1に対する信憑性が出る。
No.1調査を行うメリット1つ目は信憑性につながる点です。
世の中には様々なNo.1があります。
・日本一
・日本初
・元祖
・本家
ただ中には、業界No.1(※自社調べ)や、とりあえず注目を集めるため、
そう表記している場合もあります。
自分で調べて自分で1番だと名乗るのは、信憑性にかけますよね。
なっつん
自分で言ってるだけですもんね
そのため、No.1という表記に信憑性を持たせるために、
第三者機関に依頼をしNo.1調査をしてもらいます。
そして、自称No.1から公式のNo.1と客観的に評価されることで、
ブランディングやユーザーからの信頼を獲得するメリットになります。

誇大広告リスクを回避する事ができる

NO.1 証明 リサーチ 調査会社 日本一 日本初 日本記録

なっつん
表現がやりすぎでない証明になります!
No.1調査によってその表記が誇大広告でない事を証明することができる
No.1調査を行うメリット2つ目は誇大広告リスクを回避できる点です。
世の中には様々な宣伝文句があります。
例として、1番にまつわる商品のセールス表記は以下の通りです。
なっつん
よく聞く言葉ですね!
株式会社マクロミルが「No.1」という表示に対する
印象調査を1000人に行った結果によると、
No.1が購買意欲に影響を与えると感じる人は全体の47%、
20代だと過半数の55%の人が
No.1という表示が購買意欲に影響を与えると回答する結果となっています。
このようにNO.1を名乗ると商品購入のメリットが大きいのは間違いありません。
しかし、根拠や合理性がなくただ商品を売るためだけにNo.1と名乗ると、
誇大広告として法律に違反するリスクもあります。
NO.1調査を行うという事は、第三者機関に客観的に評価されることで、
自分が日本一である何かが誇大広告でなく、
根拠を持って正式に公言できるというメリットがあります。

他者との差別化(ブランド化)ができる

企業ブランディング 手法 事例 日本記録

なっつん
ブランディングは全ての人にとって大切です!
No.1調査によって唯一無二を得る事ができ他者と差別化(ブランド化)ができる
No.1調査を行うメリット3つ目は他者との差別化ができる点です。
No.1と表記することは自分と他を明確に分けることで、
自分の誇れるものをわかりやすく伝える事が可能です。
なっつん
どんなものも伝え方次第です!
たとえば、自分の特技や技術、開発した商品を
ただ「速い」「正確」「大きい」といってもイマイチ分かりません。
しかし、「日本一速い」「日本一正確」「日本一大きい」といった
「日本一」というNo.1を付けてあげると、
相手にとって非常にわかりやすいですよね。
・速い  → 日本一速い
・正確  → 日本一正確
・大きい → 日本一大きい
なっつん
すごさがダイレクトに伝わりますね!
なぜなら、比べる基準が明確になったからです。
そして、日本一やNo.1は唯一無二の存在です。
No.1調査を行いNo.1になると言う事は、
自分と相手を明確に違うという差別化を行う事ができるため、
ブランディングにおいて非常にメリットがあります。

No.1調査のやり方

NO.1 証明 リサーチ 調査会社 日本一 日本初 日本記録

なっつん
No.1調査はどのように調べるのでしょう?
No.1調査のやり方は大きく分けると3つの流れがある

No.1調査のやり方は企業ごとに異なります。

そこで今回はNo.1調査のやり方のサンプルとして

日本一を認定している株式会社日本記録のNo.1調査のやり方を解説します。

株式会社日本記録のNO.1調査は以下の通りです。

①No.1調査の申請フォーム入力
②ガイドラインの受取
③証拠物の提出
それではひとつづつ解説していきます。

No.1調査の申請フォーム入力

NO.1 証明 リサーチ 調査会社 日本一 日本初 日本記録

なっつん
まずは調査したいことを伝えましょう!
挑戦者の申請内容がNo.1調査の対象になるかどうか審査が行われる

まずは、日本記録申請フォームで

日本一の挑戦内容(No.1調査の内容)を事務局へ申請します。

事務局は提出された申請内容が

客観的に数値としてNo.1の証明ができるかどうかを検討・調査を行い、

申請内容の認否を審査します。

株式会社日本記録が認定しているUA日本記録の基準を知りたい方は

こちらの記事をご参照ください。

日本記録の認定基準(3/4)

ガイドライン受取

NO.1 証明 リサーチ 調査会社 日本一 日本初 日本記録

なっつん
全員が同じことをできるルールが大切
計測基準が明確化されたガイドラインが発行される

No.1調査が可能であるとUA日本記録事務局が判断すると、

事務局は記録挑戦のためのガイドラインを発行します。

ガイドラインは日本一に挑戦するために必要な基準、定義、ルール、証拠になる物などが記載されている物です。

このガイドラインがあることで、誰もが同じルールで計測が可能になるため、

挑戦者の記録が日本一になるかどうかが判断できるということです。

証拠物の提出

NO.1 証明 リサーチ 調査会社 日本一 日本初 日本記録

なっつん
ガイドラインに則って証拠を提出!
証拠物や認定方法は挑戦する日本記録によって異なる

日本記録挑戦の申請受理、ガイドラインの共有がなされたら、最後は証拠物の提出です。

日本記録認定のための証拠物は映像や画像、データ、設計図など、

挑戦する記録によって変わります

証拠物は事務局あてに送付される場合もあれば、

UA日本記録認定員が現地に訪れ計測する場合もあります。

証拠物の内容と計測方法を全てガイドラインを参照にその通りに実施することで、

誰もが客観的に計測することができるため、No.1であるかどうかが判別できます。

そのため、No.1調査でUA日本記録に認定されるにはガイドラインに則って

証拠物を提出することが何よりも重要となります。

No.1調査についてお悩みの方はご相談ください!!

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

スタートアップ 競争優位性
もし、No.1調査についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒヤリングさせていただき、
No.1調査につながる日本記録・日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

No.1調査の具体的事例

なっつん
実際にNo.1調査が行われたものとは?
No.1調査事例としてUA日本記録の事例を紹介する
ここまで、No.1調査のメリットややり方などをご紹介してきました。
ここからは実際にNo.1調査を行った事例をご紹介します。
今回はNo.1調査で日本一になった事例として、
株式会社日本記録のUA日本記録に認定された事例を取り上げます。
これから紹介する日本一の事例は以下の通りです。
・一般販売されているみそかつの大きさ日本一
・風呂に柚子を入れた個数日本一
・ドローンで吊り上げた映像モニターのサイズ日本一
・キッズヘルメットの軽さ日本一
・お菓子屋の標高日本一
それではひとつずつ見ていきましょう!

日本一を認定するUA日本記録

なっつん
UA日本記録について確認しましょう!
UA日本記録は誰かに誇れる何かを公式に認定する日本一認定機関である
UA日本記録の認定事例を紹介する前に、UA日本記録について知っておきましょう。
UA日本記録は自己肯定感の向上による自信と買う力に溢れた社会を実現するために、
誰かに誇れる何かを公式に認定する日本一認定機関です。

一般販売されているみそかつの大きさ日本一

みそかつ 日本一

なっつん
食品に関する日本一です!
みそかつの三河屋は実店舗で提供されたみそかつの重さを計測した
愛知県名古屋市にあるみそかつの三河屋は通常メニューとして
普段から提供しているみそかつの大きさで日本記録に挑戦しました。
審査はUA日本記録認定員が現地に訪れ、実際にお店で提供された
みそかつの重さを計測しUA日本記録としての認定を行いました。
この日本一を認定するNo.1調査により、
三河屋のみそかつは公式にみそかつの大きさ日本一となりました。

風呂に柚子を入れた個数日本一

柚子湯 日本一 柚子風呂

なっつん
季節イベントに関するNo.1調査です
オーパークおごせはNO.1調査とイベントを合わせた日本一認定イベントを実施した

埼玉県入間郡越生町にあるオーパークおごせは

冬至の風習である柚子風呂で日本記録に挑戦しました。

審査はUA日本記録認定員が現地に訪れ用意された柚子を確認し、

それを風呂に投入しました。

この日本一を認定するNo.1イベントは

ネットニュースなどのメディアにも取り上げられました。

ドローンで吊り上げた映像モニターのサイズ日本一

ブランディング 町おこし 競合優位性 会社 企業 ブランディング 事例 手法 効果 広告 マーケティング戦略 日本記録 認定 日本一 掲載 チャンピオン

なっつん
企業の技術に関するNO.1です!
おにつかイメージング株式会社はNO.1調査によって技術力を証明した

おにつかイメージング株式会社は千葉県ドイツ村内で

ドローンで映像モニターを持ち上げる日本記録に挑戦しました。

当日はUA日本記録認定員が見守る中、

ドローンは無事1m²の映像モニターを15mまで吊り上げ10分間飛行しました。

企業が持つ技術力の証明として、

日本一を得るためにNo.1調査を依頼する一つの事例となります。

キッズヘルメットの軽さ日本一

ブランディング 町おこし 競合優位性 会社 企業 ブランディング 事例 手法 効果 広告 マーケティング戦略 日本記録 認定 日本一 掲載 チャンピオン

なっつん
ブランディングの要素に!
株式会社マグクルーズは日本一の軽さというNO.1でブランディングを行った
三重県にある株式会社マグクルーズはキッズヘルメットの軽さで日本記録に挑戦しました。
この挑戦は証拠となる記録を事務局に提出し、
UA日本記録認定員が証拠の精査を行った後、日本一に認定されました。
マグクルーズのキッズヘルメットは日本一軽いというブランディングを得て、
より一層製品の強みをアピールできています。

お菓子屋の標高日本一

ブランディング 町おこし 競合優位性 会社 企業 ブランディング 事例 手法 効果 広告 マーケティング戦略 日本記録 認定 日本一 掲載 チャンピオン

なっつん
立地に関するNO.1の事例です!
ヤムヤムツリーは店舗のある場所の標高で日本一に挑戦した
長野県の乗鞍高原にあるバウムクーヘン工房「ヤムヤムツリー」は
工房のある店舗の標高に関してNo.1調査を実施しました。
この記録は、挑戦者が日本記録事務局が発行したガイドラインに記載されている
証拠物を事務局に提出することで、記録が証明されました。
これにより、ヤムヤムツリーは自分だけでなく、
第三者機関から公式に日本一の高さというNO.1の認定を受けました。
No.1調査についてお悩みの方はご相談ください!!

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

スタートアップ 競争優位性
もし、No.1調査についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒヤリングさせていただき、
No.1調査につながる日本記録・日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

まとめ

日本一 日本記録 登録 認定 挑戦
最後にまとめです。
この記事では、No.1調査のメリット、やり方、事例についてご紹介してきました。
今回この記事で紹介した、No.1調査のメリット、やり方、事例は以下の通りです。
・信頼性の向上につながる
・誇大広告を回避することができる
・他者との差別化(ブランド化)ができる
①No.1調査の申請フォーム入力
②ガイドラインの受取
③証拠物の提出
・一般に販売されているみそかつの大きさ日本一
・風呂に柚子を入れた個数日本一
・ドローンで吊り上げた映像モニターのサイズ日本一
・キッズヘルメットの軽さ日本一
・お菓子屋の標高日本一
No.1調査で客観的視点で日本一と評されるのは、
個人にも団体にも大変重要な要素となります。
貴方も日本一でNo.1になりませんか?