【広告主必見】誇大広告の具体的な事例と防止策

誇大広告 例

 
なっつん
誇大広告の例と防止策について解説します!
この記事にたどり着いた貴方は
・誇大広告ってなに?
・誇大広告にはどんな例があるの?
・防止策について知りたい!
このような悩みを持っているのではないでしょうか。
この記事では「誇大広告とは何か」という疑問を始めとし、
誇大広告とその例について紹介させていただきます。
 
なっつん
誇大広告の例について学びましょう。
誇大広告の例と防止策について学ぶ
まず、結論からいくと誇大広告の例と防止策は以下の通りになります。
もちろん、これ以外の例、防止策も多くあるとは思いますが、
この記事では以下について解説します。
誇大広告の例は以下の通り
1:予備校の合格実績広告の例
2:牛肉ブランドの例
3:販売価格の例
4:商品の内容量の例
5:おとり広告に関する表示の例

防止策は以下の通り
・例を学んで誇大広告への理解を深める
・日本記録認定を行う

結論だけみても、よくわからないと思いますので、
ここから具体的に解説していきたいと思います。
まず始めに、「誇大広告とは何か」についてみていきましょう。

誇大広告とは

誇大広告 例

 
なっつん
誇大広告って何でしょう。
嘘・大げさな表現で消費者を誤認させるような広告のことです
そもそも、誇大広告とは何でしょうか。
誇大広告とは、嘘・大げさな表現をすることで
商品(サービス)が実際よりも良いように、消費者を誤解させてしまうような広告のことです。
 
なっつん
私たちもより良い商品が欲しいですよね。
会社、事業者は自社商品を消費者にアピールをするために広告を作ります。
しかし、実際の商品からかけ離れていた場合、消費者は誤解してしまいます。
 
なっつん
広告内容と商品が違ったら困りますね。
そのような広告は消費者にとって不利益となるので、
法律で規制されています。
では、実際にどのような法律があるのでしょうか。
次の章で解説します。
誇大広告についてお悩みの方はご相談ください!!

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

誇大広告 例
もし、誇大広告でお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。
お話をヒヤリングさせていただき、
広告にのせることのできる日本記録や日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

誇大広告を規制する法律

誇大広告 例

 
なっつん
法律についてみていきましょう。
誇大広告の規制のために景品表示法という法律があります

誇大広告を取り締まる主な法律として、

「景品表示法」があります。

景品表示法とは、商品の内容や価格などを偽って表示することを規制し

消費者の利益を保護するものです。

簡単に言えば、誇大広告などを「不当表示」として禁止する法律です。

詳しくは消費者庁のHPを参考にしてみてください。

そして、不当表示には主に2種類あります。

優良誤認表示

景品表示法第5条第1号では、

(1)実際のものよりも著しく優良であると示すもの

(2)事実に相違して競争関係にある事業者に係るものよりも著しく優良であると示すもの

を規制しています。

 
なっつん
難しいですね。

一言でいえば、

商品を実際よりも良いものと表示することです

有利誤認表示

次に、景品表示法第5条第2号では

(1)実際よりも著しく有利であると誤認させること

(2)競争関係にある事業者のものよりも著しく有利であると誤認させること

を禁じています。

 
なっつん
違いが分かりにくいですね。
つまり、商品やサービスをお得なものとして誤解させてしまう表示することです

その他6つの表示

上記2つ以外に、消費者を誤認させてしまうような例として

以下の6つがあります。

1.無果汁の清涼飲料水等についての表示
2.商品の原産国に関する不当な表示
3.消費者信用の融資費用に関する不当な表示
4.不動産のおとり広告に関する表示
5.おとり広告に関する表示
6.有料老人ホームに関する不当な表示
次章で例について解説していきます。
 
なっつん
例とともに学んでいきましょう。

誇大広告の事例

誇大広告 例

 
なっつん
例をみていきましょう!
誇大広告の例は以下の通り
1:予備校の合格実績広告の例
2:牛肉ブランドの例
3:販売価格の例
4:商品の内容量の例
5:おとり広告に関する表示の例

優良誤認表示の例

例1

1つ目は、予備校の合格実績広告の例です。

同業他社とは別の方法で実績を数値化し、

「大学合格実績No.1」であるかのように表示してしまう例があります。

 
なっつん
適切な比較が必要ですね。

例2

2つ目は、牛肉のブランドの例です。

実際には有名ブランドの牛肉を使っていないにも関わらず、

有名ブランドを使用しているように表示してしまう例があります。

 
なっつん
いい食材が使われていると勘違いしてしまいますね。

有利誤認表示の例

例3

3つ目は、販売価格の例です。

実際の販売価格を上回る「参考価格」を設定し、

実際の販売価格と併記することでお得に見えるような表示をしてしまう例があります。

 
なっつん
消費者はお得だと思いますよね。

例4

4つ目は、商品の内容量の例です。

他社製品と同じ程の量しか入っていないにも関わらず、

他社製品の2倍の量が入っているかのように表示してしまう例があります。

その他6つの表示の例

例5

5つ目は、おとり広告に関する表示の例です。

商品の供給量が非常に限定されているにも関わらず、

「大好評で品切れ」のように表示し、別の商品を購入させようとする例があります。

誇大広告についてお悩みの方はご相談ください!!

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

誇大広告 例


もし、誇大広告でお悩みの方がいらっしゃいましたら、

まずは一度無料でご相談ください。
お話をヒヤリングさせていただき、
広告にのせることのできる日本記録や日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

誇大広告にならないための防止策

誇大広告 例

 
なっつん
どのように防げばいいのでしょう。
誇大広告の防止策は以下の通り
・例を学んで誇大広告への理解を深める
・日本記録認定を行う
広告の表示は、消費者が商品を選ぶ際に大切な判断要素の1つです。
 
なっつん
商品をよりよく見せたいですよね。

しかし、知らぬ間に誇大広告になってしまっていたら怖いですよね。

一番大切なことは、誇大広告について学ぶことです。

例を通して、何が法律違反となるのかについてしっかり理解しましょう。

また、ここで防止策の例として、

日本記録を公式に認定することをお勧めします。

UA日本記録事務局では、日本一・日本記録の認定を行っています。

「公式」の認定なので、誇大広告になる心配がいりません!

日本一の認定には、以下のような例があります。

キッズヘルメットの軽さ日本一

この例でいうと、

「キッズヘルメットの軽さ国内No.1」のように宣伝することができます。

 
なっつん
根拠のある事実を宣伝できます!

競合優位性の確立にもつながります。

まとめ

誇大広告 例

最後にまとめです。

この記事では、誇大広告の事例と防止策について解説してきました。

今回この記事で紹介した誇大広告の例と防止策は以下の通りです。

誇大広告の例は以下の通り
1:予備校の合格実績広告の例
2:牛肉ブランドの例
3:販売価格の例
4:商品の内容量の例
5:おとり広告に関する表示の例

防止策は以下の通り
・例を学んで誇大広告への理解を深める
・日本記録認定を行う

誇大広告の心配をせずに広告を出すためにも、日本記録に挑戦してみませんか?