【スタートアップ必見】競合優位性の確立方法とは?

スタートアップ 競合優位性

 
なっつん
競合優位性の確立について解説します!
この記事にたどり着いた貴方は
・競合優位性が欲しい!
・そもそも競合優位性ってなに?
・スタートアップで成功したい
このような悩みを持っているのではないでしょうか。
この記事では「競合優位性とは何か」といった疑問を始め、
スタートアップ企業が競合優位性を確立するための方法戦略について紹介させていただきます!
スタートアップ企業が競合優位性を確立するための方法戦略について学ぶ
まず、結論からいくとスタートアップ企業の競合優位性の確立方法は以下の通りになります。
スタートアップが競合優位性を得るための方法戦略は以下の通り
・コストリーダーシップ戦略
・差別化戦略
結論だけみてもわかりにくいと思いますので、
ここからは具体的に解説していきたいと思います。
まずは、そもそも「競合優位性とはなにか」「スタートアップとはなにか」
についてみていきましょう!

競合優位性について

スタートアップ 競合優位性

 
なっつん
競合優位性ってよく耳にしますよね!
競合優位性とは、他社が模倣できないような自社の強みのことです
そもそも、競合優位性とは何でしょうか。
競合優位性とは、他社が模倣できないような自社の強み・能力のことです。
例えば、宅配ピザには、いくつか大手の会社があると思います。
ここで宅配ピザ屋として生き残るためには、
同業他社にはない強み・アピールポイントを利用してお客様を獲得する必要があります。
 
なっつん
独自性が大切ですね!
この強み・アピールポイントが競合優位性となります。
競合優位性についてお悩みの方はご相談ください!!

 

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

スタートアップ 競争優位性
もし、スタートアップや競争優位についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒヤリングさせていただき、
競合優位性につながる日本記録・日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

スタートアップについて

スタートアップ 競合優位性

 
なっつん
そもそもスタートアップって何なのでしょう。
スタートアップとは、短期的に成長をする企業のことです。
次に「スタートアップとはなにか」についてみていきましょう。
スタートアップとは短期的に成長をする企業のことです。
スタートアップは、今までになかった新たな価値を創り出すことでビジネスを行います。
短期的に成長することを目座すため、スタートアップには成長率の高さが必要になります。
 
なっつん
スタートアップでも成長の継続が大切です。
似た言葉に「ベンチャー企業」というものがありますが、
スタートアップとは違う意味を持っています。
 
なっつん
両者について混同している人も多いでしょう。
以下のリンクでは、スタートアップとの違いについて解説してありますので、
参考にしてみてください。
スタートアップとベンチャー企業の違い
https://www.antelope.co.jp/navigation/startup/difference/

競合優位性の有無の確認方法

競争優位性 スタートアップ

 
なっつん
自社に競合優位性があるのかを調べてみましょう。
競争優位性の有無を知るためにはVRIO分析がおススメです
競合優位性の有無を確認し、確保するためには、
まず自社分析をすることが大切です。
スタートアップは特に自社の強みがわかりづらいと思います。
そのために欠かせないのが「VRIO分析」です!
 
なっつん
VRIO分析ってなんだか難しそうですよね。
VRIO分析は、人・モノ・資金・情報といった自社の経営資源を
・経済的価値
・希少性
・模倣困難性
・組織
の4つの視点から分析するものです。
この分析を行うことで、自社に競合優位性があるかどうかを確認することができます。
 
なっつん
自社の弱みも把握できます!
特に、成長にスピード感が必要なスタートアップにおすすめです。
以下のリンクは、VRIO分析の方法などが具体的に書かれていますので
ぜひ参考にしてみてください。

スタートアップが競合優位性を得るための方法戦略

スタートアップ 競合優位性

 
なっつん
スタートアップは成長を続けられるかどうかも大切です。
スタートアップが競合優位性を得るための方法戦略は以下の通り
・コストリーダーシップ戦略
・差別化戦略
それでは、スタートアップ企業が競合優位性を築くにはどうすればよいでしょうか。
そもそも、スタートアップがはじめに競合優位性をもっていないのは当然です。
ここで、競合優位性を築くために
コストリーダーシップ戦略、差別化戦略の2つについてご紹介します。

コストリーダーシップ戦略

コストリーダーシップとは、他社と比較して、コストを抑えて商品・サービスを提供することで

競合優位性を確立する方法です。

コストにおける優位性を獲得できれば、利益につながりやすくなるというメリットがあります。

一方で、デメリットとしては、価格競争が激しさや

コスト削減のための経験を積むことの大変さなどがあります。

差別化戦略

差別化とは、他社の製品・サービスなどと比べて

「他の企業にはない特徴」をもつことで、競争優位を築く方法です。

自社の強みが明確になるというメリットがある一方で、

他社に真似されると価値がなくなってしまうというデメリットもあります。

 
なっつん
真似されたら独自性がなくなりますね。

現代では商品・モノの数が大変多く、

スタートアップにとって、商品のみで競合優位性を保つことは難しくなっています。

ここで、他の企業にはない特徴をもつ方法として日本一への挑戦をおススメします。
UA日本記録事務局では、日本一の認定を行うことで、
競合優位性を確立する手助けをしています。
日本一には公式に認定が行われるため模倣の心配もありません!
競合優位性についてお悩みの方はご相談ください!!

 

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

スタートアップ 競争優位性
もし、スタートアップや競争優位についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒヤリングさせていただき、
競合優位性につながる日本記録・日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

 
実際に、日本一に挑戦して、競合優位性の確立への一手となった例として
以下のようなものがあります。

まとめ

スタートアップ 競争優位性

最後にまとめです。

この記事では、スタートアップ企業が競合優位性を確立するための方法について解説してきました。

今回この記事で紹介した、スタートアップ企業の競合優位性の確立方法は以下の通りです。

スタートアップが競合優位性を得るための方法戦略は以下の通り
・コストリーダーシップ戦略
・差別化戦略
最近では、日本一の取得によって競合優位性を確立する方法が人気となっています!
貴方も日本一で競合優位性を確立してみませんか?