【2023年最新版】商標登録を個人で行う方法

商標登録 個人 やり方
 
なっつん
商標登録の個人でのやり方を解説します!

この記事にたどり着いた貴方は以下のように思っているのではないでしょうか。

・商標登録のやり方を知りたい
・個人で商標登録をしたい
・商標登録をするやり方の注意点を把握したい

この記事では、商標登録の個人でのやり方について分かりやすく解説します。

商標登録の個人でのやり方を解説!

まず、結論から行くと商標登録の個人でのやり方は以下の通りです。

商標登録は、自社ブランドや商品などを他社から守る重要な手続き

個人での商標登録のやり方の流れ
・商標出願書類の作成
・商標審査の受付
・商標審査の審査官による審査
・商標審査結果の通知
・商標登録の決定

個人での商標登録するやり方の注意点
・商標審査を受ける
・商標の用途の決定
・商標の維持

それでは、ここから商標登録の個人でのやり方について詳しく解説していきます。

商標登録についてお悩みの方はご相談ください!!

UA-JAPAN RECORDS事務局は、数々の企業さまの商標登録をサポートしています。

スタートアップ 競争優位性
もし、商標登録についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒアリングさせていただき、
商標登録につながる日本記録・日本一として認定することが可能な
貴社の「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

目次

商標登録とは?

商標登録 個人
商標登録は、自社ブランドや商品などを他社から守る重要な手続き。
 
なっつん
商標登録であなたのブランドや商品を守ります!

商標登録は、あなたの独自の商品やサービス、標識やロゴなどを守るための取り組みです。

商標登録されている場合、第三者や個人がそれらを無断で使用することを防ぐことができます。

商標登録には手続きや費用がかかりますが、個人でも申請ができます。

商標登録には、商標登録出願、審査、登録が含まれます。

個人での商標登録には時間がかかることがありますが、

商標登録のやり方を個人できちんと遵守すれば商標権を確実に守ることができます。

 
なっつん
商標登録のやり方を個人で学びましょう!

個人での商標登録には、一定の条件があります。

例えば、個人で登録される商標は、

一般的な表現や既存の商標ではなく新規性があるものでなければなりません。

また、特定の商品またはサービスに対して使用されるものでなければなりません。

これらの条件を満たしている場合は、商標登録に向けた手続きを個人で進めることができます。

商標登録を個人で行うメリット

商標登録 個人 やり方
・コスト削減
・スケジュールの柔軟さ
・知識や理解の深化
 
なっつん
メリットはたくさんありますね!

商標登録を個人で行うやり方には、興味深く魅力的なメリットがたくさんあります。

具体的には商標登録を個人で行うやり方のメリットは上記の3つが挙げられます。

では、個人で商標登録を行うやり方のメリットについて詳しく見ていきましょう!

コスト削減

商標登録 個人 やり方
商標登録を個人で行うやり方でコストを削減できる
 
なっつん
いいですね!

商標登録を個人で行うやり方でコストを削減できると期待できます。

商標登録は、個人ではなく弁理士などの専門家に依頼するやり方で行うことでもできますが、

その費用はかなり高額になることがあります。

個人で商標登録を行うやり方の場合、その分コストを削減できるという利点があります。

個人で商標登録を行うやり方の場合、専門知識が必要ですが、

インターネット上で個人で利用可能な情報がたくさんあります。

スケジュールの柔軟さ

商標登録 個人 やり方
商標登録を個人で行うやり方でスケジュールの柔軟さを確保できる
 
なっつん
個人の時間は大切ですよね

個人で商標登録を行うやり方のメリットの2つ目として

個人のスケジュールの柔軟さを確保できることがあります。

個人で商標登録を行うやり方は、特許庁のウェブサイトから個人で必要な情報を収集し

専門家に相談したり、個人の友人や同僚に質問したりすることをお勧めします。

個人で商標登録を行うやり方の場合、時間に余裕を持って個人で作業を進めることができるため

個人のスケジュールの柔軟性を確保することができます。

知識や理解の深化

商標登録 個人 やり方
商標登録を個人で行うことで個人の知識や理解が深まる
 
なっつん
個人の理解は深めたいですよね

個人で商標登録を行うやり方のメリットの3つ目として個人の知識や理解の深化があります。

個人による商標登録には多大な労力が必要です。

しかし、個人による商標登録のやり方の過程で法律やビジネスに関する知識が得られます。

特に個人のビジネスにおける知見を電子商取引を中心に獲得することができます。

つまり、個人で商標登録することで

法律やビジネスに関する個人の洞察力を高めることができるでしょう!

あわせて読みたい
【2023年最新】優位性を高める効果的な方法を徹底解説!  なっつん 優位性を高める方法を解説します! この記事にたどり着いた貴方は以下のように思っているのではないでしょうか。 ・優位性とは何だろう・優位性を高めてビジ...

商標登録に必要な願書の作成方法

商標登録 個人 やり方
・申請書のダウンロード
・必要情報の記入
・申請書の郵送
 
なっつん
個人でもできそうですね!

商標登録を個人で行う場合、商標登録に必要な願書の作成のやり方は上記の3手順になります。

商標登録を個人で行うやり方の場合、個人が願書の作成方法を正しく理解することが重要です。

個人で商標登録のやり方のを開始する前に、

まずどのような情報を必要とするか、どのような書類が必要になるかを個人で把握しましょう!

それでは商標登録を個人で行うやり方に必要な願書の作成方法を解説していきます。

申請書のダウンロード

商標登録 個人 やり方
特許庁の公式HPから申請書をダウンロードする
 
なっつん
最初はこちらです

商標登録を個人で行うやり方の1つ目の手順はこちらです。

商標登録を個人で行う際に適切な申請書は、個人で特許庁の公式HPからダウンロードできます。

この申請書には、個人が商標権を取得したいかどうか、

その商標が個人のどのような商品やサービスに対して使用されるか、

およびその商標がどのように表示されるかなどの詳細が含まれます。

必要情報の記入

商標登録 個人 やり方
申請書に必要事項を記入する
 
なっつん
作業が必要です

商標登録を個人で行うやり方の2つ目の手順はこちらです。

続いて申請書に必要な情報を個人で入力しましょう。

「基礎事項」の欄には、商標権者の氏名や住所、商標の図や文字、

商品やサービス名、商標の使用開始日などを個人で記入します。

「商標の使用状況に関する内容」の欄には登録したい商標が既に使用されているかどうか、

使用されている場合はどのように使用しているのか、

使用目的や方式がどうなっているかなどを個人で記入します。

 
なっつん
丁寧に記入しましょう!

「商標権者の権利侵害に関する内容」の欄には

商標権者が直面した可能性のある権利侵害に関する情報が含まれます。

例えば、他の企業が使用する商標との類似性について、

商標権者がどのような対策をとるつもりかについて、個人で詳細に回答する必要があります。

申請書の郵送

商標登録 個人 やり方
申請書を送信する
 
なっつん
最後の手順です

商標登録を個人で行うやり方の3つ目の手順はこちらです。

商標登録を個人で行うやり方の場合、商標登録申請書を日本特許庁に提出する際には

原則的には書類の送付方法が郵便である必要があります。

ただし、近年では特許庁のe-AMSシステムを利用することで、

申請書類を電子的に個人で提出することが可能になってきています。

この方式は、審査にかかる時間を短くすることができます。

 
なっつん
色々な方法があります!

郵送で申請書を送付する場合は、地域によって提出先が異なりますので個人で確認しましょう。

また、送付時には個人で記録が残る配達方法を選択する必要があります。

特に書留郵便や宅配便などは個人で配達状況を確認できるため、安心して使うことができます。

申請書類を送付する前に、個人で電話やメールで受け取り確認を行うようにしましょう。

商標登録についてお悩みの方はご相談ください!!

UA-JAPAN RECORDS事務局は、数々の企業さまの商標登録をサポートしています。

スタートアップ 競争優位性
もし、商標登録についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒアリングさせていただき、
商標登録につながる日本記録・日本一として認定することが可能な
貴社の「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

商標の区分

商標登録 個人 やり方
・商標区分とは商品やサービスの種類を示すもの
・区分は進出したい市場で決める
・商標登録費用の差異に注意
 
なっつん
商用要録の前に理解しましょう

商標登録を個人で行うやり方の場合、商標区分を正しく理解することが非常に重要です。

商標登録を個人で行うやり方の場合に確認しておきたい商標区分に関する概要は

上記の通りです。

それでは、1つ1つ見て、個人で商標登録を行うやり方の第一歩としましょう!

https://ua-japanrecords.jp/2023/06/trademarkregistrationblowup/

商標区分とは

商標登録 個人 やり方
商標区分とは商品やサービスの種類を示すもの
 
なっつん
個人で商標登録する前に確認しましょう

まず、個人で商標登録する前に商標区分とは何か確認しましょう。

個人で商標登録するためには、商標区分という概念を理解する必要があります。

商標区分とは、個人が登録したい商標が属する市場、

つまり商品やサービスの種類を示すものです。

この区分は個人で商標登録するやり方を行う前に

同様の商標が他に存在するかどうかをチェックするために必要です。

個人で商標登録するやり方を行う前に同様の商標が既に存在する場合、

登録できないか、個人の商標を変更する必要がある可能性があります。

商標区分の決め方

商標登録 個人 やり方
商標区分は進出したい市場で決まる
 
なっつん
事前に確認しましょう

続いて個人で商標登録するやり方を行う前に商標区分がどのように決まるのか確認しましょう。

商標区分は、ブランドが販売する製品やサービスがそれぞれに割り当てられています。

このため、どの区分を選択するかは、

個人で商標登録するやり方を行う前に個人がどの市場に進出したいかに応じて決定されます。

例えば、アパレルブランドを立ち上げたい場合、

個人で商標登録するやり方を行う前に服飾品と関連する区分を選択すれば良いでしょう。

商標区分での注意点

商標登録 個人 やり方
商標登録費用の差異に注意
 
なっつん
注意点はこちらです

個人で商標登録するやり方を行う際に注意しておかなければいけないのは、

区分ごとに商標登録費用が異なることです。

区分毎の登録費用は固定されているので

希望するすべての区分に個人で商標登録する場合、それぞれの区分の登録費用を支払う必要があります。

そのため、個人で商標登録するやり方では、どの区分に登録するかを決定する必要があります。

商標区分の選択は、個人で商標登録する際に必要な手順の中で非常に重要なものです。

商標登録にかかる費用と支払い方法

商標登録 個人 やり方
・商標登録には申請料がかかる
・商標登録には商標検索料や商標登録費用がかかる
・商標登録にかかる費用は様々な方法で払える
 
なっつん
商標登録には費用がかかりますよね

個人で商標登録するやり方を行う際には、特定の費用が必要となります。

これらの費用は個人で申し込みを行う地域や商標登録の種類等によって異なります。

中には商標登録を個人で行う場合に節約できる費用もあるので、事前に確認してみましょう。

それでは、個人で商標登録するやり方を行う際にかかる費用・支払い方法について

1つ1つ見ていきましょう!

商標登録についてお悩みの方はご相談ください!!

UA-JAPAN RECORDS事務局は、数々の企業さまの商標登録をサポートしています。

スタートアップ 競争優位性
もし、商標登録についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒアリングさせていただき、
商標登録につながる日本記録・日本一として認定することが可能な
貴社の「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

申請料

商標登録 個人 やり方
商標登録には申請料がかかる
 
なっつん
商標登録の基本料金ですね

個人で商標登録するやり方を行う際には、申請料が必要です。

ただし、この申請料は商標登録のプロセスの中でも最も低い費用のひとつとなっています。

個人で商標登録するやり方では、基本料金と追加料金が発生します。

基本料金は、商標登録庁への登録申請料で大体1件あたり10,000円前後になります。

しかし、申請書類についての説明が必要な場合や、

個人で異なる国や分野に向けて商標登録を希望する場合、追加料金が発生することがあります。

 
なっつん
詳しく確認しましょう!

最近ではEサービスの普及により、個人で商標登録するやり方を行う際にかかる申請や手続きが簡単になっています。

一方、商標登録に対する調査や専門的な立場での判断が必要な場合もありますので、

個人で商標登録するやり方を行う際に熟考してください。

個人で商標登録するやり方を行う際にかかる費用にはいくつかの種類がありますが、

重要なのは、個人が必要とする範囲と予算に合わせた申請プランを選ぶことです。

商標検索料や商標登録費用

商標登録 個人 やり方
商標登録には商標検索料や商標登録費用がかかる
 
なっつん
個人での商標登録のやり方で節約できるかもしれません

商標検索料は、商標を登録する前に実施しなければならない調査費用です

商標検索報告書は、登録を申請する前に欲しい商標がすでに登録されているかどうかを確認するために必要なものです。

検索報告書の代金は数万円から数十万円です。

登録費用は、国内商標登録であれば3万円以上、国際商標登録であれば5万円以上かかります。

手続き費用には、公告料などがあります。

 
なっつん
登録費用は大切ですね!

商標登録費用を削減する方法として、個人で商標登録するやり方があります。

商標登録には法律知識が必要で手続きも複雑ですが、個人で行うことができます。

しかし、個人で商標登録するやり方を行う場合は、

商標の適格性や商標登録に必要な書類の提出方法などの充分な情報を集め、ミスを避ける必要があります。

支払い方法

商標登録 個人 やり方
商標登録にかかる費用は様々な方法で払える
 
なっつん
支払い方法も確認しましょう

個人で商標登録するやり方の費用の支払いの一般的な方法として

クレジットカード支払いや銀行振込が挙げられます。

個人で商標登録するやり方でクレジットカードで支払う場合には、

すぐに申し込みを行ってすぐに支払いをすることが可能です。

銀行振込の場合には、手数料や期限に注意しなければなりません。

個人で商標登録するやり方にかかる費用は心配な問題ですが、

支払い方法について十分に理解しておくことで安心して登録作業を進めることができます。

必ず個人で商標登録するやり方を確認する際には、実際の金額や支払方法に注意しましょう。

商標審査の流れ

商標登録 個人 やり方
・商標出願書類の作成
・商標審査の受付
・商標審査の審査官による審査
・商標審査結果の通知
・商標登録の決定
 
なっつん
商用登録の流れはこちらです

商標登録を個人で行うやり方の場合、商標審査の流れを知っておくことが重要です。

商標登録を個人で行うやり方が完了するプロセスは、上記のもので構成されています。

それでは、1つ1つ商標登録を個人で行うやり方を理解しましょう!

商標出願書類の作成

商標登録 個人 やり方
商標出願書類を正確に作成する
 
なっつん
個人で商標登録する1つ目の手順です

まず、商標登録を個人で行うやり方の場合、登録する商標を決定し商標出願書類を作成します。

商標登録を個人で行うやり方における商標出願書類は、個人の出願方法や種類により様々ですが

一般的には個人の商標の基本情報、使用先の情報、商品・役務の種類や内容、

商標の説明や制限事項などが含まれます。

個人で商標出願書類を正確に作成することが、商標登録を個人で行うやり方の商標登録の第一ステップです。

 
なっつん
丁寧に記入しましょう!

商標登録を個人で行うやり方の商標出願書類の作成には、

正確性、詳細性、専門性、同意性、法令遵守の5つの要素が含まれます。

商標登録を個人で行うやり方の場合、これらの要素を意識して正確で詳細な情報を提供することが大切です。

商標審査の受付

商標登録 個人 やり方
窓口やオンラインで申請書を提出する
 
なっつん
個人で商標登録するやり方の2つ目の手順です

商標登録を個人で行うやり方の場合、

必要な申請書等を特定の手続き窓口で提出する必要があります。

各地方自治体の委任を受けた民間事務所、あるいは専門家や弁護士が運営するものが一般的です。

各地方自治体によって申請受付日や時間帯が異なるため、

商標登録を個人で行うやり方の場合、申請前に確認することが重要です。

 
なっつん
オンラインでも対応しています!

また、申請手続きは、オンラインでも可能です。

オンライン申請の場合、個人の自宅に届く書類を印刷する必要があり手間がかかります。

そして、電子売り上げ対応の書類や申請資料も個人で必要な場合があるので、

商標登録を個人で行う際には、必ず事前に手続きのやり方を調べるようにしましょう。

商標登録を個人で行うやり方の商標登録の申請に関しては、

以下の特許庁のホームページでも解説しております。

商標審査の審査官による審査

商標登録 個人 やり方
審査官が商標登録書類を通して審査する
 
なっつん
個人で商標登録する3つ目の手順です

商標審査官は、商標出願書類を審査して登録可能かどうか決定します。

商標審査官は、商標登録を個人で行うやり方の商標出願書類に含まれる情報を確認し、

法的問題や重複の問題を調べます。

日本の商標審査は、申請から受理までは、一般的に1か月以内であるとされています。

しかし、商標審査官が問い合わせを出した場合、この期間は延長することがあります。

 
なっつん
ドキドキしますね!

商標審査基準については、商標法に基づいて設定されています。

商標登録の申請では商標の種類を指定する必要があり、

類似する商標が既に登録されていないこと、商標の内容が公序良俗に反しないことが審査基準となります。

審査に合格すれば承認され、個人での商標登録が完了します。

参考:商標法

商標審査結果の通知

商品登録 個人 やり方
商標審査結果が届く
 
なっつん
個人で商標登録する4つ目の手順です

商標審査結果は、個人に通知されます。

原則として、審査結果の通知は電子メールまたは郵送で行われます。

商標審査結果が否定的な場合は、個人で出願書類を修正して再提出することができます。

厚生労働省からのハガキやメールの手元に届く日付は、

公示日(出願日の14日後〜2ヶ月後)によって異なります。

もし、何らかの理由で審査結果の通知を受け取れなかった場合、

個人で時間内に対応することができなくなる危険性があります。

この場合、個人の商標の有効期限はすぐに失効する可能性がありますので、ご注意ください。

 
なっつん
最後まで油断しないようにしましょう!

商標登録を個人で行うやり方をとる場合、日本の商標登録法を遵守するだけでは充分でなく、

個人で適切な方法で審査結果に対処することが大切です。

そして、個人で商標の登録期限まで改めてチェックを行い、失効しないようにしなければなりません。

商標登録を個人で行うやり方には、多くの手続きが必要で

書類も多数作成しなければならないため、確実な知識と経験が必要です。

商標登録の決定

商標登録 個人 やり方
商標を使用する権利を得る
 
なっつん
個人で商標登録できそうですね!

商標登録を個人で行うやり方の場合、

商標が登録に適格であると判断されれば、商標登録の決定が下されます。

商標登録後、商標出願者は商標を使用する権利を得ることができます。

ここまでの上記の手順が全て終われば商標登録を個人で行うやり方は完了です。

商標登録を行うことで、その商標を使用することが認められ、他者による不正競争行為から保護されます。

今後は、入念に商標の管理を行い、個人で不正競争行為からブランドを守り抜きましょう。

まだ不安がある方には、特許庁の解説ページもおすすめです!

商標登録についてお悩みの方はご相談ください!!

UA-JAPAN RECORDS事務局は、数々の企業さまの商標登録をサポートしています。

スタートアップ 競争優位性
もし、商標登録についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒアリングさせていただき、
商標登録につながる日本記録・日本一として認定することが可能な
貴社の「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

商標登録の審査基準

商標登録 個人 やり方
商標登録の審査基準には様々なものがある
 
なっつん
個人で商標登録するやり方を取る前に確認しましょう

商標登録には審査基準があるため、商標登録を個人で行う前に学ぶことが必要です。

まず、登録許可基準では商標法によって定められた「性質規定」と「相似性規定」があります。

この規定により、既存の商標と似た商標は登録できない場合があることに注意します。

次に、登録許可基準による審査の項目は、商標の種類、標章や記号、色、字体、サイズ、

類似所は、新規性、利用実績、定期刊行の有無などがあります。

 
なっつん
たくさんポイントがありますね!

さらに、商標権の行使や侵害についても注意する必要があります。

商標権行使については、登録手続きの必要はありませんが、持続的な使用が必要です。

一方、商標権侵害については、登録されているかどうかにかかわらず、

使用された商標が元の商標と類似している場合、商標権侵害になる可能性があるため

商標登録を個人で行うやり方では十分に注意する必要があります。

個人で商標登録を行う際の注意点

商標登録 個人 やり方
・個人で商標審査を受ける
・個人で商標の用途の決定
・個人で商標の維持
 
なっつん
個人でもできそうですね!

商標登録を個人で行うやり方の注意点は上記の3つになります。

ここまでの記事で解説した通り、商標登録を個人で行うやり方は十分に可能です。

しかし、商標登録を個人で行うやり方を完了するために気をつけるべき点もいくつかあります。

それでは商標登録を個人で行うやり方の注意点を解説していきます。

あわせて読みたい
成功したブランディングの事例5選   なっつん 成功事例を知って自社に活かしましょう この記事にたどり着いた貴方は ・企業ブランディングの成功事例がしりたい!・企業ブランディングの成功事例を見て手...

商標審査

商標登録 個人 やり方
個人で商標登録の前に商標審査を受けましょう
 
なっつん
最初の注意点はこちらです

商標登録を個人で行うやり方の1つ目の注意点は商標審査です。

商標登録を個人で行うやり方では、個人で商標審査を受ける必要があります。

商標審査とは、商標登録を申請する者が商標法に適合しているかどうかを調べることです。

商標審査の目的は、個人の商標登録が定められた条件を満たしているかどうかを評価し、

一定の基準が守られていることの確認にあります。

 
なっつん
大切な事前準備です!

商標審査は、商標登録を個人で行うやり方の前段階で行われるので、

審査結果によっては登録が認められないこともあります。

商標審査には、必要な書類の提出や特定の基準を満たす必要があります。

そのため、個人で商標登録をお考えの方は、事前に商標審査に関する情報を精査し、

商標審査を適切にクリアするための基準と書類を理解しておく必要があります。

ただし、商標登録を個人で行うやり方の商標登録後に他社から異議が申し立てられた場合

登録取消訴訟を起こされる可能性があります。

この場合、商標審査に合格したとしても、取り消しになる場合があります。

商標登録を個人で行うやり方を考える前に、個人で登録取消訴訟に関する情報も事前に収集し

商標取得に伴うリスクも充分に個人で理解しておくことを強くお勧めします。

商標の用途の決定

商標登録 個人 やり方
個人で商標の用途を決定しましょう
 
なっつん
2つ目の注意点はこちらです

商標登録を個人で行うやり方の2つ目の注意点は商標の用途の決定です。

商標登録を個人で行うためには、用途が明確であることが求められます。

商標登録を申請する前に、個人で商標の用途を明確にすることが必要です。

個人の商標の用途が明確であれば、商標登録を個人で行う際にスムーズな申請が可能です。

 
なっつん
決めておきましょう!

商標登録を個人で行うやり方は多くの人が自分でやってみたいと考えるかもしれません。

しかし、個人で商標の用途を決定することができない場合、

商標登録におけるトラブルや失敗につながる可能性があります。

そのため、商標登録を個人で行うやり方でも、専門家の知識を利用することをお勧めします。

商標登録を個人で行うやり方に必要な手続きや注意点を把握し、

個人で商標の用途を判断することが、個人での商標登録を成功させるための大きなポイントです。

商標の維持

商標登録 個人 やり方
個人で商標を維持しましょう
 
なっつん
3つ目の注意点はこちらです

商標登録を個人で行うやり方の3つ目の注意点は商標の維持です。

商標を維持するためには、定期的に個人で商標登録の状況を確認することが必要です。

個人で商標の登録有効期限を厳密に守ることが大切です。

商標登録を個人で行うやり方でも期限が過ぎると、登録は無効になり個人で再登録する必要があります。

これは、商標の所有者にとってかなりの負担となることがあります。

また、個人で商標に対する違反を見つけた場合は、個人で早期に対応することをお勧めします。

商標の維持には、時間、努力、そして多くのリソースが必要ですので、

商標登録を個人で行うやり方を取るためには、十分な知識を得ることが重要です。

商標登録に不安が残る場合

商標登録 個人

自社ブランドや商品などを守るならUA-JAPAN RECORDS
 
なっつん
商標登録は不安ですよね

ここまで、個人で商標登録を行うやり方を解説してきました。

しかし、商標登録を個人で行うやり方の場合、相応の知識が必要です。

個人での商標登録のやり方には、繁雑な手続きや書類の提出が伴います。

また、法的文書の作成や問題の発生に備えた対応など、

一度個人で始めたら最後までトラブルが発生するリスクがあります。

 
なっつん
信頼と実績があります!

ここでまずは、UA-JAPAN RECORDSに登録しておくことをおすすめします。

UA-JAPAN RECORDSには様々な個人様や企業様の自社ブランドや商品などを

確実に守ってきた実績がございます。

常時無料で相談を受け付けていますし、お問合せして後悔はさせません!

商標登録についてお悩みの方はご相談ください!!

UA-JAPAN RECORDS事務局は、数々の企業さまの商標登録をサポートしています。

スタートアップ 競争優位性
もし、商標登録についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒアリングさせていただき、
商標登録につながる日本記録・日本一として認定することが可能な
貴社の「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

まとめ

商標登録 個人 やり方

最後にまとめです。

この記事では個人で商標登録するやり方を解説しました。

個人で商標登録するやり方に関するまとめは以下の通りです。

商標登録は、自社ブランドや商品などを他社から守る重要な手続き

個人での商標登録のやり方の流れ
・商標出願書類の作成
・商標審査の受付
・商標審査の審査官による審査
・商標審査結果の通知
・商標登録の決定

個人での商標登録するやり方の注意点
・商標審査を受ける
・商標の用途の決定
・商標の維持

この記事が個人での商標登録のやり方を知りたい貴方のお役に立てましたら幸いです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次