地域活性化の失敗例から学ぶ町おこしの成功の秘訣

地域活性化 失敗例

なっつん
地域活性化の失敗例を紹介します!

この記事にたどり着いたあなたは、

・地域活性化プロジェクトを任されたけど、どうやったら成功するかわからない。
・地元を地域活性化させたい!
・地域活性化で失敗したら怖い…

このような悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事では

地域活性化の失敗例をご紹介し、成功するために気をつけたいポイントを解説します!

なっつん
地域活性化の失敗事例を学びましょう!
地域活性化の失敗例を紹介します。

まず結論からいくと

失敗してしまった地域活性化プロジェクトについて、この記事でお伝えしたいことは以下の通りです。

・失敗を学ぶことが成功の秘訣!
・地域活性化失敗の原因は、施設/住民とのコミュニケーション/マーケティングの不足!
・失敗事例から、地域活性化プロジェクトの課題を学ぶことが重要!
・地域住民がプロジェクトに興味を持ってくれることが大切!
・地域活性化成功のためには、地域の魅力を発信しよう!

結論だけ見ても、失敗した理由やそこから得られる成功のためのポイントがわかりづらいと思いますので、

ここからはそれぞれの失敗例と、失敗例から学ぶ成功の秘訣について具体的に解説していきます!

地域活性化の失敗例をしっかり勉強して、あなたの地域活性化イベントを成功させましょう。

町おこしについてお悩みの方はご相談ください!!

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

スタートアップ 競争優位性
もし、町おこしについてお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒヤリングさせていただき、
町おこしにつながる日本記録・日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

スポンサー

1.失敗を学ぶことが成功の秘訣

地域活性化 失敗例

なっつん
なぜ失敗を学ぶのでしょうか?
地域活性化に対する失敗例から学ぶことは、町おこし成功の秘訣の1つ。

成功に向かって前進するためには、過去の地域活性化イベントの失敗の原因が何であるかを理解することが不可欠です。

主な失敗の原因には、資金が足りない、地元の協力不足などが挙げられます。
こうした失敗から学び、事前に十分な調査とパートナーシップを築くことが重要です。
また、アイデアだけで地域活性化イベントを成功させることはできないので、実績のあるサポート会社や運営メンバーを採用することも大切です。

なっつん
成功するための秘訣は、ただ失敗を避けるだけではありません。

失敗から学び、改善し、進歩することで、成功への道が開けます。
町おこしにおいても、失敗を学ぶことが成功の秘訣の1つですが、さらに、地域の特性、プロセスと手法に着目して、うまく地域に適合するよう調整することが大切です。

成功事例を参考にしただけでは、地域に合わせた町おこしにはなりません。
失敗事例から学んだことを繰り返さないよう気をつけながら、地域に寄り添った地域活性化プロジェクトを計画・実行することが、地域活性化や期待した効果を得る、成功の第一歩です。

成功した町おこしの記事も人気です!
地域活性化のアイディアが浮かばない方は、こちらもご参照ください。

日本で成功した町おこしイベント10選

2.失敗した地域活性化の原因とは何か?

地域活性化 失敗例

なっつん
地域活性化失敗の原因を理解しておきましょう!
・地域活性化のためには、失敗原因を理解することが大切。
・主な失敗の原因は、施設の整備不足、地域住民とのコミュニケーション不足、マーケティング不足の3つ。

町おこしや地域活性化が失敗した場合、たいてい非常に深刻な問題が生じます。
失敗原因は、財政計画やマーケティングノウハウ、地域の協力要請など、多岐に渡っています。
そのため、失敗した地域活性化の原因を正しく理解することは、町おこしで成功するための重要なポイントとなります。

まず1つ目の原因は、施設整備不足です。
地域活性化を推進するためには、必要な施設が整備されている必要があります。

なっつん
これは、すべての地域で共通の課題ですね。

施設が不足している場合は、多額の投資が必要になります。
しかし、多くの地域では財政的余裕がなく、施設整備が不可能である場合や施設の整備自体で満足してしまうことがあります。

既存の施設で実施可能な地域活性化イベントの立案計画を立案することや、施設を整備したあとにどのように活用していくのかといったプランまで押さえて、施設の活用を考えることが求められます。

2つ目の原因は、地域住民とのコミュニケーションの欠如です。

なっつん
地域住民にきちんと伝わらないと、うまくいきません。

地域活性化には、地域住民を巻き込むことが必要です。しかし、地域住民は、新しいアイデアを拒絶し、自分たちの地域を変えたくないと考えることがあります。そのため、地域住民と上手にコミュニケーションをとり、「地域住民にとって必要な地域活性化」を聞き取り、「運営者が行う地域活性化プロジェクトが、あなたのためになる」ということを丁寧に説明する必要があります。

3つ目の原因は、マーケティングの不足です。

なっつん
事前の調査は、本当に十分ですか?

地域活性化には、多額の資金が投入されることがほとんど。そうしたコストに対してどのくらいの効果があるのか、どのくらいのリターンが見込めるのか事前に予測するために、適切なマーケティングを行うことが必要です。しかし、マーケティングが不十分だった場合、多くの人々が地域活性化に参加してくれる未来は訪れないでしょう。
地域活性化のためのマーケティングでは、地域内外で広く知らしめるための広告、プロモーションイベント、市場調査などが大切です。

地域活性化が失敗してしまう原因は多岐に渡りますが、そうした失敗事例の表面だけを知っていても意味はありません。
地域活性化の失敗例から、その原因をプロセスごとに正しく理解し、その対策を講じることが重要です。

町おこしや地域活性化を成功させるために、成功例を真似るのではなく、
以下の失敗例から学べる障害を全て解決しながら、長期的な視点で取り組んでいきましょう!

町おこしについてお悩みの方はご相談ください!!

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

スタートアップ 競争優位性
もし、町おこしについてお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒヤリングさせていただき、
町おこしにつながる日本記録・日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

スポンサー

3.地域活性化の失敗例5選!

地域活性化 失敗例

地域活性化の失敗例5選!
①青森県青森市 ー複合商業施設「アウガ」
②福島県会津若松市 ー地域限定電子マネー「Becopo」
③山梨県南アルプス市 ー観光農園「南アルプス完熟農園」
④栃木県塩谷町 ー豆乳ヨーグルト
⑤徳島県徳島市 ー阿波おどりイベント

過去50年間に行われた地域活性化プロジェクトには、成功したものもあれば失敗したものもあります。

失敗したプロジェクトは、その後の検証と調査を通じて、今後の地域活性化にとって重要な学びを提供してくれます。

ここでは、過去50年間の日本の地域活性化ビジネス失敗例について、具体的な地域・プロジェクト名称を挙げて紹介します。

地域活性化の失敗例①青森県青森市

地域活性化 失敗例

2001年にJR青森駅前に建設された複合商業施設「アウガ」は、青森市が185億円を投じて建設した地下1階、地上9階建ての建物です。建設当初は、新聞やメディアも多く取り上げ、その名の由来となった津軽弁が意味する「会おうよ」のとおり、多くのテナントと人々で賑わうことを想定した、地域活性化プロジェクトでした。
青森市が当時進めていたコンパクトシティ政策の中核としての役割が期待される一大プロジェクトです。

しかし、初年度の売上高は目標としていた半分以下の額となる23億円となり、その後の経営計画の見直しも虚しく、2015年に24億円の債務超過で経営破綻、2017年2月末には1〜4階を閉鎖しました。
2018年からは青森市の窓口機能を移転させ、駅前庁舎として再生させています。

なっつん
大規模な資金を投入する地域活性化プロジェクトこそ、超長期的な目線での慎重な判断が必要ですね。
スポンサー

地域活性化の失敗例②福島県会津若松市

地域活性化 失敗例

会津地方の名産品「赤べこ」にちなんだ地域限定電子マネー「Becopo(べこぽ)」は、2015年夏に専用カードを市民1万人に配布してスタートした地域活性化プロジェクトでした。買い物等での利用でポイントが貯まるほか、市民が健康診断やボランティア活動をすることでもポイントがたまるになっており、導入開始から5年で経済の活性化や健康増進、地域づくりにまたがる効果が期待されていました。また、「Becopo」は地方創生交付金1200万円を使用し、1年間で100店舗への導入を目指していました。

しかし、1年経って導入されていた店舗は11ヶ所のみ。営業をかけた400店舗もそのほとんどが、専用端末の設置に抵抗感を示し、利用していた店舗も利用者の少なさから専用端末を撤去。地域住民に無縁だった電子マネーの導入が、結果市民の関心も引き起こせなかったという、二重の問題点をはらんでいました。

なっつん
2022年には、会津大学でブロックチェーンを使ったデジタル通過「Byacco(白虎)」がスタート。
なかなかの因果ですね…!!

地域活性化の失敗例③山梨県南アルプス市

地域活性化 失敗例

地域活性化・農家の増収を目的に、南アルプス市の第三セクターである南アルプスプロデュースが、2015年に観光農園「南アルプス完熟農園」を開園。市から8億円の設立資金を受け、農産物の加工販売や農園カフェを展開しました。

しかし、客足が伸びず、わずか3ヶ月で経営破綻の危機。融資や社長交代なども功を奏さず、2016年には営業断念となりました。
元々の計画の不十分さもさることながら、第三セクターに任せるときの慎重さが足りなかったと言えるでしょう。

なっつん
任せる会社やリーダーは、きちんと実績や能力がある人を!!

地域活性化の失敗例④栃木県塩谷町

地域活性化 失敗例

町の顔になる新しい商品を作ることを目的に、地方創生交付金を活用し、塩谷町が農業団体に、農業団体が民間事業者に委託。
4年間の事業として豆乳ヨーグルトの開発に取り組みました。

3年間で3900万円を実際に投入し、売上高1億円を目標としていましたが、現実としては3年間で73,800円(豆乳ヨーグルト246個分)しか売り上げられませんでした。国からの交付金2652万円は全額返還することになりました。

なっつん
一発逆転を狙った多額の予算を組み込んだ地域活性化プランこそ、
慎重に!!

地域活性化の失敗例⑤徳島県徳島市

地域活性化 失敗例

徳島市の阿波おどりイベントは、8月の4日間だけで120万人以上の観光客が訪れるお祭りです。
主催者は、徳島市直下の徳島市観光協会と徳島新聞社の共同主催となっており、徳島市観光協会は「阿波おどり会館」の指定管理者もしていました。

しかし、2017年に徳島市観光協会の万年赤字体質が指摘され、約4.2億円の累積債務が発覚。債務者としての破産手続きをすることになりました。一方で、徳島新聞社は「雨天時のチケット払い戻し」などといったリスク面を徳島市観光協会に任せ、イベント主催者として有利な「チケット販売」や「宣伝広告事業」などで、自社の利益を伸ばしていたそうです。

なっつん
お祭りは、基本無料で開催されがち…。
そこに参入させる民間事業者が利益を優先させてしまったら、ほとんど乗っ取られるようなものですね。

以上のように、失敗した地域活性化ビジネスの多くが、その地域独自の魅力をうまく活かせなかったことが原因です。

地域独自の魅力を活かすためには、

・大規模な資金を投入する地域活性化プロジェクトぼど、超長期的な計画を立てる。
・地域住民が理解し、地域活性化のために参画したいと思えるプロジェクトか、確認する。
・主体となる自治体と委託先の事業者が共に、信頼し地域活性化に向けて協力し合える関係性を作り上げる。
・交付金などで、プロジェクトに見合わない予算を組む前に、地域活性化プロジェクトの効果を綿密に試算する。
・地域活性化イベントを共同で主催する民間事業者が、一人勝ちしてしまわないよう対等な関係を維持する。

といった点について、きちんと認識しておく必要があります。

成功するための秘訣は、失敗例をよく研究し、自分たちの地域に合った適切な戦略を見いだすことです。

また、地域住民からの理解と協力も重要な要素です。
事業の企画段階から地域住民や委託予定の民間事業者をしっかりと巻き込み、課題やプランを関係者が理解した上で、相互に現状を監視しながら取り組むことが大切です。
地域の課題や特徴を十分に理解した上で、本当に地域の人々のニーズと合ったものを提供することが重要であることがわかります。

失敗の原因を把握した上で、地域住民が共感し、受け入れることのできるビジネスプランを慎重に考えましょう。
こうした地域住民の参加は、地域活性化プロジェクトの成功を引き出し、さらに地域の課題も解決することに繋がります。

4.地域住民との協力が町おこしの鍵となる理由

地域活性化 失敗例

・地域活性化プロジェクトには、地域住民の協力が欠かせない。
・地域住民に、日頃から地域活性化への興味を持ってもらうことが重要!

地域活性化プロジェクトは、そのほとんどが地域における経済活性化や人口増加を目的とした取り組みです。
実際にプロジェクトを運営する第三セクターと言われる民間の委託事業者だけではなく、地方自治体や地域住民を巻き込んだ活動になります。

しかし、関係者の中でも、地域住民との協力を得られなかった場合は、地域活性化プロジェクトの失敗確率が非常に高くなります。

なっつん
地域活性化の成功は、地域住民の協力が鍵と言っても過言ではありません。

地域住民は、地域の状況や文化、歴史などについて深い知識を持っており、その知識をもとに町おこしに貢献してくれるポテンシャルを秘めています。しかし、多くの地域活性化プロジェクトでは、地域住民の参画は後回しとなり、プロジェクトが開始してから周知されることも少なくありません。

地域住民の協力を得るためには、地域活性化プロジェクトについての情報を公開して、積極的に意見を募ることが大切です。
住民のニーズを把握し、それに合わせて取り組みを進めることで、住民の協力を得やすくなります。
また、住民が積極的に関わりたいと思えるようなイベントなどを企画することも重要です。

地域住民との協力を得ながら、地域活性化を進めることは、時間がかかることが多いですが、その努力は必ず実を結びます。
もちろん、地域住民は地域活性化のプロではないので、全ての意見を聞き続ける必要はありません。
しかし、事前の地域住民へのニーズ調査、プロジェクトへの参画意思のアンケート、実施前からプロジェクト継続中まで続く説明会などを経て、自治体や民間の委託事業者だけでなく、多くの人々の目にさらされることによって、より良いプロジェクトになることは間違いありません。

地域の魅力を引き出し、地域の経済活性化に貢献することは、地元に愛着を持っている住民にとっても、自己実現や社会貢献感を得ることができ、双方にとってプラスの影響をもたらすことになります。

なっつん
地域住民にとっても地域活性化はメリットがあります!

地域住民に「日頃から地域活性化の取り組みを意識してもらう」ことから始めてみるのも良いでしょう。
地域活性化や町おこしについて、住民の方々に意識してもらえるようなイベントに悩んだら、
まずは、町おこしイベントのプロに相談してみましょう。

UA-JAPAN RECORDSは、20万円前後で町おこしイベントを実施しています。
ご相談はいつでも無料なので、ぜひ一度お問い合わせください。

町おこしについてお悩みの方はご相談ください!!

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

スタートアップ 競争優位性
もし、町おこしについてお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒヤリングさせていただき、
町おこしにつながる日本記録・日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

5.町おこし成功の鍵は地域の魅力や特色を活用すること

地域活性化 失敗例

地域活性化成功のためには、地域の魅力を「発信」することが大切!

地域活性化事業は、資金や地域資源、人的資源などの面で限られたリソースで行われるため、計画通りにプロジェクトが進行することはほとんどありません。
しかし、多くの失敗事例とその原因を学ぶことで、地域活性化プロジェクトの失敗を未然に防ぐことは可能です。

地域活性化プロジェクトに限らず、「成功事例には再現性がない」と言われていますが、
『地域の独自性や魅力を活用する』と言った点は、全ての成功事例に共通しています。

なっつん
地域の魅力や特色をどんな風に活用したらいいのでしょうか?

まず、地域の魅力や特性を広く宣伝することが重要です。
観光業や地域産業を発展させるためには、地域独自の魅力を訴求することを通じて、地域の良さを知ってもらう必要があります。

地域の良さを知らなければ、その地域活性化プロジェクトに興味を持つこともありません。興味を持つ人が少ないプロジェクトは、協力者や顧客も少なく、運営自体が徐々に苦しくなってきます。
地域の魅力とは何か、地域初心者にとってどのような情報が必要かを理解し、映像やサイトなどのメディアを活用することで、より有効な地域の魅力アピールが可能となります。

また、地域の人々と協力して取り組むことも重要です。

地域の魅力を発信することによって、地域外部の人々だけでなく、地域住民も自分たちの地域の魅力を再認識し、愛着を持つことにつながります。地元に愛着を持ってくれた住民は、プロジェクトが発信するコンテンツに対してリアクションをしてくれたり、住民自身も発信してくれることにつながります。

地元の人々は、地域の性格や文化、伝統を理解しており、地域特性のアイデアを提供してくれます。地元の人々が地域おこしに参加し、計画の実施に携わることで、取り組みが地域住民にとって現実的になり、自治体やプロジェクト運営者も地域の課題を正確に把握し、解決策を策定することができます。

地域活性化プロジェクトには、時代に合わせた最新技術や情報やリソースの使用や、優れたアイデアを採用することが重要です。
しかし、それらのすべてを使えなくても、地域の特徴や魅力に基づく地元のビジネスを開発することで、地域経済の成長を促進することができます。

数多くの発信を通して、何度も地域の魅力について目にするうちに、地域自体やプロジェクトに興味を持つ人が増えていきます。興味を持った人たちが、実際にプロジェクトに触れ、『地域の魅力を活かしたプロジェクトだ』と納得すれば、協力や購買、移住などといった具体的なアクションを起こしてくれます。

なっつん
正しく、地域資源を用いることが、地域活性化成功の鍵!

まとめ

地域活性化 失敗例

最後にまとめです!

この記事では、地域活性化の失敗事例を5個紹介してきました!

また、なぜ失敗例を学ぶのか、失敗例から学べる成功の秘訣についても解説しました!

今回この記事で、お伝えしたいことは以下の通りです。

・失敗を学ぶことが成功の秘訣!
・地域活性化失敗の原因は、施設/住民とのコミュニケーション/マーケティングの不足!
・失敗事例から、地域活性化プロジェクトの課題を学ぶことが重要!
・地域住民がプロジェクトに興味を持ってくれることが大切!
・地域活性化成功のためには、地域の魅力を発信しよう!
UA-JAPAN RECORDSは、日本記録認定機関として、「日本記録挑戦イベント」を通した町おこしの実績があります!
地域活性化のために町おこしなどを検討している方は、是非一度無料でご相談ください!
なっつん
あなたの町に合った挑戦内容をご提案します!
町おこしについてお悩みの方はご相談ください!!

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

スタートアップ 競争優位性
もし、町おこしについてお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒヤリングさせていただき、
町おこしにつながる日本記録・日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

スポンサー