ブランディング 地域 イベント

地域ブランディングに最適なイベント5選

ブランディング 地域 イベント

ブランディング 地域 イベント

  • 地域を盛り上げたい!
  • 自分の地域で何かイベントを起こしたい!
  • 自分の地域の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたい!

このページにたどり着いたあなたはこんな悩みがあるはず。
これらの悩みの原因は「地域ブランディング」という言葉に収束されます。

地域ブランディングとは地域のブランドを形作るための様々な活動を指す言葉。
一口にブランディングと言っても地域の「シンボルマーク」や「キャッチフレーズ」「ロゴデザイン」など、多岐にわたるものからブランドというものが構成されていきます。
今回は地域でブランディングをする際におすすめのイベントを5つに絞り込んで解説していきます。

1.自治体によるイベント

ブランディング 地域 イベント
1つ目は「自治体によるイベント」です。
皆さんが一度は企画したことがある夏祭りクリスマス会〇〇祭りなどがこのイベントにあたります。日本全国どの地域でも行われており、それぞれの地域ごとに特色が色づくお祭り。これは毎年行われるため地域の恒例イベントとなっています。

多くの場合、商工会議所や地方自治体のメンバーが企画立案をして、イベントを作り上げていくことになります。イベントの主催メンバーは大きく変わらず、過去のイベント開催時の企画書や手引きを元に企画を行いやすいことが特徴です。
小学生のダンス教室や中学生の音楽系部活動の発表。また敬老会の茶道や琴の演奏など、地域に住む人たちがイベントに積極的に関わることができることもこのイベントの特徴と言えます。

ブランディングを意識したイベントであれば、ゲストパフォーマーを起用することもおすすめです。会場のお客様全員が参加できる大迫力の大道芸や、TVで見るようなマジックを目の前でお楽しみいただけます。イベントの趣旨を汲み取り、ブランディングもしっかりこなし地域の老若男女問わず参加して楽しめるイベントになります。

有名パフォーマーをイベントに呼ぶ3つの理由

2.食のフェスティバル

ブランディング 地域 イベント
2つ目は食フェス」と呼ばれるイベントを開催することです。
昨今話題になっている食フェスは、グルメフェスとも呼ばれる食”に関する”フェスティバル(イベント)。フェスティバルは日本語でお祭りの意味を指し、焼きソバやタコ焼き、大判焼きといったさまざまな屋台が出て非常に賑やかになります。食フェスは、縁日の屋台が飲食店の「出店ブース」に替わっているものと考えるのが1番わかりやすいでしょう。

最近の食フェスはどんどん細分化され、ラーメン店だけが集まったイベント肉料理だけが集まったイベントなどが開催されるようになりました。さらには地域の特産品や特産物をテーマにした食フェスが開催されるほど。例えば「そば」と「日本酒」だけがテーマの食フェスが開催されたり、宮城県の「アンコウ肝鍋」富山県の「白えび雪見鍋」など地域色豊かな食フェスが開催されたこともあるほど。

下記のようなイベントも大盛況でした。

日本最大級の野外フードフェス「まんパク」
https://www.fashion-press.net/news/71659

いせさきもんじゃまつりとB級グルメフェスタ
https://www.imap.ne.jp/news_detail/page/82/389

地域の特産物がある際はこちらのイベントを考えるのもひとつの手です。

3.地域のインフルエンサーとのコラボ

ブランディング 地域 イベント
3つ目は「地域密着型のインフルエンサーとのコラボをする」です。
今、話題のYouTubeやInstagramなどのSNS。この波に乗るために自分の地域在住のインフルエンサーとコラボをして地域イベントを盛り上げていきます。地域密着型のインフルエンサーをローカルインフルエンサーと呼びます。これは特定の地域の情報をメインに発信する、影響力と発信力を持つ人物やキャラクターを指します。地域愛が強いローカルインフルエンサーとコラボをすることで、共感や多くの認知が得られやすく、地域のPRによく用いられています。 特に旅行や観光業との親和性が高く、インフルエンサーが紹介をしたお店や観光スポットを周るイベントを企画することも可能です。

有名なのが熊本の「くまモン」。熊本といえばくまモンと、即座に思い描けてしまうほど地域にキャラクターが定着した例です。ゆるキャラグランプリでグランプリを獲得することで一躍有名になり、熊本県内外問わず有名になったことは皆さんもご存知のはず。

くまモンについて…https://kumamon-official.jp/

また旅インフルエンサーのほうきおじさんこと「Halno Kujiraoka」さん。彼は地域特化で情報発信をしているわけではないものの、全国様々な地域の写真を投稿しています。彼の写真や世界観に共感した多くのフォロワーが、彼と同じ場所で写真を撮るために様々な地域に写真を撮りにいくこともあるんだとか。地域活性に一役買っている彼もまたローカルインフルエンサーと呼べるでしょう。

ほうきおじさんのInstagram…https://www.instagram.com/halno/

このようにSNSとの相性もいいことから、今後もインフルエンサーマーケティングがより多くの範囲で行われる可能性が高まっていきます

4.メディアを用いる

ブランディング 地域 イベント
4つ目は「メディアを用いたイベントを展開する」です。
TVや書籍の流通具合が減少しているとのニュースが多いけれども、地域のブランディングにそれらのメディアも欠かせません。誰もが知っているTV番組や雑誌に地域を取り上げてもらうことで、地域の有名度合いが爆発的に上がります

また、有名人が街を紹介する企画を大々的に行うことでその地域に対する興味を集めることができます。例えば東北地方の大震災の際にはお笑い芸人の「サンドウィッチマン」さんが地域復興のために尽力を尽くしていました。彼らのファンが彼らの地元である東北地域に興味を持つことが想像できます。

実際にメディアに掲載された場所を周るツアーを企画することで、外部から来た方に対して記憶に残るイベントを提供できることになります。

5.日本記録に挑戦する

ブランディング 地域 イベント
5つ目は「日本記録に挑戦する」です。
まずはこちらをご覧ください。

陶磁器製品の出荷額

こちらは岐阜県の陶磁器の出荷額No.1を土岐市陶磁器工業協同組合連絡協議会様が獲得したというもの。地域の特産物に日本一の称号を持たせることでその特産物のブランド力は大きく向上します。ブランディングにおいて受賞歴が強い武器になり得るということも考えられるため、挑戦する価値は十二分にあります。

また、日本記録に挑戦するその瞬間をより多くの方に見てもらうためのイベント化してしまうのもひとつの方法です。実際に目の前で記録が樹立する瞬間に立ち会うことは滅多に経験できません。地域で記録を作るための挑戦を準備段階、当日、そしてその後についてをドキュメンタリーやイベントにしてしまうことでより一層地域での盛り上がりも見せてくれることになります。

まとめ

今回は地域ブランディングに最適なイベントを5つ挙げました。

  1. 自治体によるイベント
  2. 食のフェスティバル
  3. 地域のインフルエンサーとのコラボ
  4. メディアを用いる
  5. 日本記録に挑戦する

地域ごとに挑戦しやすいイベントや既に行ったイベントもあるかもしれません。
ぜひ参考にして自身の地域に合ったイベントを企画して、地域のブランド力を向上させていただければと思います。

最後に

地域のブランド力を底上げし、権威や説得力を持たせる「実績」を入手できる裏ワザをお伝えします。それが5つ目に紹介した「日本記録を持つ」ことです。
他地域に負けない最強の武器として日本記録は有効です。日本記録樹立の瞬間に立ちあうことは大きなイベントになると言って過言ではないでしょう。自身の地域ブランディングを強化するために、日本記録に挑戦してみてはいかがでしょうか?

認定の流れ

お問い合わせはこちら

町おこしの最新記事4件