【2022年最新版】オススメのYouTube企画100選

 
なっつん
YouTube企画について分かりやすく解説します!

この記事にたどり着いた貴方は

・YouTube企画のネタが思いつかない
・YouTubeで使える企画を知りたい!
といった悩みを持っているのではないでしょうか。
この記事ではYouTube企画を考えるコツや、
著者が実際に考えたYouTube企画の例についてご紹介させていただきます!
 
なっつん
YouTube企画について考えていきましょう!
 
YouTube企画の決め方と、具体的なYouTube企画を知る

まず、結論からいくとYouTubeの企画決めに大切なことは以下の通りになります。

もちろん、様々な考え方があると思いますが、この記事では以下のことについて解説します。

YouTubeの企画決めに大切なことは以下の通り
・自分の得意、好きなことをYouTube企画と結びつけよう
・キーワード×キーワードが大事
・トレンドを取り入れよう

結論だけ見ても、どのように企画をつくっていけば良いのか分かりづらいと思いますので、

さっそく1つ1つみていきたいと思います!

関連記事↓

日本一を用いたブランディング事例紹介

YouTube企画の決め方について

 
なっつん
YouTube企画の決め方は難しいですよね!

YouTubeを始めてみたい、と思う方は多いでしょう。

しかし、YouTubeチャンネルのコンセプト決めに悩む方は少なくありません。

YouTubeを始める時は、まず

YouTubeチャンネルのコンセプトをしっかり定めましょう。

そうすることで、企画を決めやすくなります。

そして、以下の3点を特に意識しましょう。

貴方もYouTube企画を通して日本一になってみませんか。

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

 

もし、お悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒヤリングさせていただき、
YouTube企画における日本記録や日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

キーワードを考えよう

一番大切なことは、企画内容のキーワードを決めることです。

自分の得意なことや好きなことを企画と結びつける

キーワードを出しやすくなります。

得意なことや好きなことが思い浮かばないという方は、

自分がやってみたいことを考えてみましょう。

また、トレンドからキーワードを取り入れてみましょう。

トレンドについては後述します。

キーワードの掛け算をしよう

キーワードをいくつか考えたら、それを組み合わせてみましょう。

はじめに決めたキーワード×他のキーワード(条件、縛り)

の形をつくります。

例えば、「コーデ」というキーワードを設定してみます。

次に他のキーワードとして「着回し」や「1週間」を考えてみます。

これらを組み合わせると、「1週間の着回しコーデ」となります。

 
なっつん
具体的なYouTube動画の例を見てみよう!

この動画では、

WEGO×着回し×秋冬×一週間×コーデ

と複数のキーワードを組み合わせています。

また、このYouTubeチャンネルは、

ファッション・ヘアアレンジなどといった美容系のコンセプトですね。

 
なっつん
コンセプトが定まっていますね!

キーワードを変えていくことで何パターンもの組み合わせをつくることができます。

企画は複数のキーワードで構成するのがよいでしょう。

トレンドを取り入れよう

その時その時で流行るものは変わっていきます。

YouTubeで「急上昇」にランクインしている動画や再生回数の多い動画から

トレンドを学びましょう

そして、企画をまねることから始めてみましょう。

ここでいう「まねる」とは、キーワードを借りるということです。

キーワードの組み合わせを自身でアレンジしてみましょう。

 
なっつん
「パクリ」にならないように気を付けよう!

また、Twitter、Instagram、TikTokといったSNSも見ましょう。

最新の情報をゲットすることも大切です。

SNSは情報収集に最適で、

人気のキーワードや話題を知ることができるので、企画に反映しやすくなります。

例えば、韓国発の話題となったダイエットダンス動画。

”楽曲はFitz and the Tantrumsのヒット曲「HandClap」。軽快でリズミカルなこの曲に合わせ、笑顔で必死に踊る男女の様子がうかがえる。

引用:https://www.kpopmonster.jp/?p=16855

ちなみに、このダンス動画が気になる方は、下のリンクから確認してみてください。

このYouTubeチャンネルには、様々なダンス動画があがっています。

2週間で10キロ痩せるダンス韓国|HandClap by Fitz and the Tantrums

 

この3つを意識することで、企画内容を考えやすくなるかと思います。

それでは次に、実際に企画の具体例を挙げていきます。

 

貴方もYouTube企画を通して日本一になってみませんか。

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

 

もし、お悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒヤリングさせていただき、
YouTube企画における日本記録や日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

 

YouTube企画100選

 
なっつん
YouTube企画100個をみていこう!

この章では、実際の企画ネタについて一挙にご紹介していきたいと思います。

1:〇泊〇日の旅行動画
2:青春18きっぷで行けるところまで行ってみた
3:ご当地〇〇めぐり
4:セグウェイをレンタルして乗ってみた
5:旅先ご当地お土産紹介
6:地図・カーナビなしでドライブ
7:替え歌歌ってみた
8:耳コピでピアノを弾いてみた
9:カラオケ〇〇点取るまで帰れません
10:〇〇(流行りの歌)歌ってみた
11:イントロクイズ
12:有名な〇〇ダンス踊ってみた
13:ギターを弾きながら自作の歌をつくってみた
14:高校・大学受験などの過去問の解説
15:常識クイズ50問
16:ドラマのワンシーン再現
17:「へー」と言わせる豆知識
18:絵本の朗読
19:おすすめコスメ紹介
20:韓国メイク解説
21:What’s in my bag? カバンの中身紹介してみた
22:5000円でGU縛りのコーデを考えてみた
23:1週間の着回しコーデ
24:髪の毛の巻き方紹介
25:体の部位別・筋トレ動画
26:1日10分ヨガ
27:短時間ダイエット動画
28:ポケモン開封&売る
29:ものまねしてみた
30:お笑い番組で笑わないチャレンジしてみた
31:UFOキャッチャー〇〇円でチャレンジしてみた
32:パントマイムをやってみた
33:ピカピカ綺麗な泥団子作ってみた
34:CMアテレコ
35:CM作ってみた
36:オリジナルショートドラマつくってみた
37:VR実況動画
38:〇〇ゲーム実況動画
39:今話題の〇〇紹介
40:時計を見ないで1日過ごしてみた
41:釣り動画
42:関西弁講座
43:韓国語勉強講座
44:ニュース解説
45:フラッシュ暗算チャレンジ
46:ドラマの解説・考察
47:絵描き歌
48:口パクで会話してみた
49:自作5分ドラマ
50:ドラマの解説・考察
51:創作ドミノ
52:男女別・喜ばれる誕生日プレゼント
53:100均限定コスプレ7選
54:全ての音にオノマトペを付けてみた
55:友人にドッキリを仕掛けてみた
56:ピタゴラスイッチをつくってみた
57:寿司打でいくら稼げるかやってみた
58:素人がコントをしてみた
59:しりとりで会話してみた
60:録音した声だけで会話が成り立つか試してみた
61:イヤホンガンガンゲーム
62:音フェチ動画
63:お菓子を音をたてないで食べてみた
64:〇〇と〇〇を混ぜたらおいしい説
65:激辛〇〇食べてみた
66:大食いチャレンジ
67:さけるチーズのギネス記録にチャレンジしてみた
68:スタバのカスタマイズ紹介
69:〇〇食べ比べ
70:〇〇永遠に食べ続けられるかチャレンジ
71:大学の学食マニア
72:私の簡単お昼レシピ紹介
73:食材縛りの料理対決
74:大きいねるねるねるねをつくってみた
75:料理名だけをきいて、想像で作ってみた
76:ビックマックチャレンジ
77:1分間で鉛筆を何本立てられるかやってみた
78:1分間で箸で何粒の豆を掴めるか
79:ギネス記録挑戦・折り鶴づくり
80:紙飛行機をふどこまで飛ばせるかやってみた
81:10秒チャージを10秒で飲んでみた
82:ギネス記録挑戦・パンツ履き
83:長縄飛びの最大チャレンジ回数
84:消しゴムを最後まで使ってみた
85:ギネス記録挑戦・瓦割り82枚を目指してみた
86:安いもの・高いもの見極めクイズ
87:ビジュアルアート
88:出し物に使えるマジック紹介
89:カタカナ禁止トークしてみた
90:思い出の場所に集まれるかどうか試してみた
91:女子高生あるある
92:AKBメンバーを全員覚えてみた
93:コストコ1万円分購入品紹介
94:買ってよかった100均商品BEST10
95:100均商品あてクイズ
96:彼女(彼氏)に内緒で〇〇してみた
97:胸キュンシーン集めてみた
98:カップルチャンネル
99:ペットの成長日記
100:ペットのもふもふ癒し動画
 

まとめ


いかがでしたでしょうか。最後にまとめです。
この記事では、YouTubeの企画の決め方と実際の企画例について解説してきました。
今回この記事で紹介した、
YouTubeの企画決めに大切なことは以下の通りです。
YouTubeの企画決めに大切なことは以下の通り
・自分の得意、好きなことをYouTube企画と結びつけよう
・キーワード×キーワードが大事
・トレンドを取り入れよう
みなさんもぜひYouTubeを始めて、自分だけの素敵なチャンネルを作ってみませんか?
関連記事↓
 
 

 

YouTubeの最新記事4件