日本一を用いたブランディング事例紹介

日本一 ブランディング 事例 成功

 
なっつん
日本一とブランディングの掛け合わせをご紹介!

この記事にたどり着いた貴方は

・ブランディングの事例が知りたい
・日本記録認定というブランディング事例に興味がある
・UA日本記録に認定されたブランディング事例を知りたい
このような悩みを持っているのではないでしょうか。
この記事では日本一を用いたブランディング事例を紹介させていただきます。
日本一を用いたブランディング事例を学ぶ
まず、結論からいくと日本一を用いたブランディング事例は以下の通りです。
もちろん、これ以外にも日本一の事例は多くあります。
日本一を用いたブランディング事例は以下の通りです
・お菓子の標高日本一に関するブランディング事例
・キッズヘルメットの軽さに関するブランディング事例
・ドローンで吊り下げた映像モニターの重さに関するブランディング事例
・金平糖の大きさに関するブランディング事例
・風呂に柚子を入れた個数に関するブランディング事例
また、これらの事例を通して以下の事が分かります。
・自称ではなく、第三者によって公式に日本一という認定を受ける
・運用実験を一般イベントとして開催する
・競合他社と明確な差別化を打ち出す
・自社企業だけでなく、顧客も巻き込む体験を創出する
 
なっつん
一体どういうことなのでしょう?
結論だけ見ても、どのように日本一とブランディングを掛け合わせたのか
イマイチ分かりにくいと思いますので、ここからは
それぞれの例について具体的に解説していきたいと思います。
是非参考にできる所を貴方のブランディング活動に落とし込んでいきましょう!
ブランディングそのものについてもっと学びたい方はこちらの書籍がオススメです。

日本一ブランディング事例①お菓子屋の標高日本一

ブランディング 町おこし 競合優位性 会社 企業 ブランディング 事例 手法 効果 広告 マーケティング戦略 日本記録 認定 日本一 掲載 チャンピオン

 
なっつん
店舗の立地に関する日本一です!
ヤムヤムツリーは日本一の証拠を提出し第三者機関に公式に認められた

1つ目に紹介する日本一を用いたブランディング事例は

お菓子屋さんに関するブランディング事例です。

長野県にある乗鞍バウムクーヘン工房「ヤムヤムツリー」は

日本一標高の高い場所にあるお菓子屋さんです。

ブランディング 日本一 事例 日本記録
ヤムヤムツリーホームページ

ヤムヤムツリーはドイツ発祥の年輪をイメージさせるお菓子の

バウムクーヘンの工房として2015年にオープンしました。

「ヤムヤムツリー」という名称は英語で「美味しい木」という意味になります。

 
なっつん
まさにバームクーヘンのためのお店!

こちらのお店では元々日本一空に近いバウムクーヘン工房と名乗っていましたが、

UA日本記録に日本一を証明するための証拠の提出をし正式に認定されました。

お菓子屋の標高日本一

それにより、自社調べだった日本一を第三者機関に認定される事で

公に日本一というブランディングを獲得しました。

 
なっつん
認定おめでとうございます!

日本一標高の高いお菓子屋さんに行くなら

日本では長野の「ヤムヤムツリー」に行くしかありません。

そう言った日本で唯一というブランディングを獲得した事例として

ヤムヤムツリーをご紹介させていただきました。

ブランディングについてお悩みの方はご相談ください!!

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

 


もし、ブランディングでお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。
お話をヒヤリングさせていただき、
日本記録や日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

まずは無料相談する

日本一ブランディング事例②キッズヘルメットの軽さ

ブランディング 町おこし 競合優位性 会社 企業 ブランディング 事例 手法 効果 広告 マーケティング戦略 日本記録 認定 日本一 掲載 チャンピオン

 
なっつん
子供用品に関するブランディングです!
マグクルーズは製品の日本一軽いという技術力の高さで他社と差別化を図る事ができた

2つ目の日本一のブランディング事例は

キッズヘルメットに関するブランディング事例です。

三重県にある株式会社マグクルーズでは

日本一軽いキッズヘルメットを販売しています。

なぜ軽さにこだわったかというと、

子供が嫌がらず安全にヘルメットを装着してほしいという想いからだそうです。

その結果186gという日本一軽いキッズヘルメットを設計し、販売を行っています。

 
なっつん
子供を想う気持ちが形になったんですね!

株式会社マグクルーズのキッズヘルメットは

2021年2月17日にUA日本記録に登録されました。

キッズヘルメットの軽さ日本一

企業の成果を日本記録として認定する事は、

競合他社と差別化を図るブランディングの戦略として有効な手段

のひとつになる事例ですね。

日本一ブランディング事例③ドローンで吊り上げた映像モニターの重さ

ブランディング 町おこし 競合優位性 会社 企業 ブランディング 事例 手法 効果 広告 マーケティング戦略 日本記録 認定 日本一 掲載 チャンピオン

 
なっつん
技術力を示すためのブランディングです
おにつかイメージイング株式会社は運用試験を日本一認定イベントに変えた

3つ目の日本一のブランディング事例は

ドローンで吊り上げた映像モニターに関するブランディング事例です。

おにつかイメージイング株式会社は東京ドイツ村で

日本最大級のドローンを用いて日本初のイルミネーションショーを実施しました。

その際、この催しにUA日本記録の認定と合わせる事で、

日本一の認定会を兼ねたイベント事例となり見事日本一となりました。

ドローンで吊り上げた映像モニターのサイズ日本一

このドローンのイルミネーションショーは、安全のチェック等を調べるための

飛行実験の位置づけでありましたが、そこに日本記録の認定会を行う事で、

おにつかイメージイング株式会社は

日本一というブランディングを持った企業になりました。

 
なっつん
高い技術力がある証拠ですね!

ドローンで大きなもの・重たいものを持ち上げるのは

高度な安全性と技術力が必要となります。

その技術が日本一に認定されるという事は競合他社と差をつける

企業ブランディングとしてとても有力です。

ブランディングと競合優位性を高める5つの方法

元々の事業を社外アピールの効果を強める事例として

今回おにつかイメージイング株式会社の事例をご紹介いたしました。

日本一ブランディング事例④日本一大きな金平糖

ブランディング 町おこし 競合優位性 会社 企業 ブランディング 事例 手法 効果 広告 マーケティング戦略 日本記録 認定 日本一 掲載 チャンピオン

 
なっつん
お菓子に関する日本一です!
コンペイトウ王国は高い技術力の説明として日本一を活かせる事例である

4つ目の日本一のブランディング事例は

金平糖の大きさに関するブランディング事例です。

大阪府にあるコンペイトウ王国は日本一大きい金平糖を作っています。

ブランディング 日本一 事例 日本記録
コンペイトウ王国ホームページ

金平糖とは、砂糖と下味のついた水分を原料にした表面に突起を持つ和菓子です。

コンペイトウ王国は日本一大きい2.5㎝のコンペイトウの生産販売を行っています。

この記録は2021年1月にUA日本記録に登録されました。

日本一大きな金平糖を作っている会社

金平糖を大きくするのは非常に高い技術が求められます。

なぜなら金平糖は製造過程で凹凸の突起部分が欠けてしまうため、

大きくするのは不可能と言われていたからです。

そんな金平糖を大きくする高い技術力を誇るコンペイトウ王国は

日本一というブランディングを得て今日も皆様に

新しい金平糖を届けるため挑戦をしております。

 
なっつん
不可能を可能にしたんですね!

余り知られていない高い技術力の説明として

「日本一」のブランディングを用いる事例です。

ブランディングについてお悩みの方はご相談ください!!

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

 


もし、ブランディングでお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。
お話をヒヤリングさせていただき、
日本記録や日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

まずは無料相談する

日本一ブランディング事例⑤風呂に柚子を入れた個数

 
なっつん
イベントと日本一の組み合わせです
オーパークおごせは業務の一環をお客参加型の日本一イベントにした

5つ目の日本一のブランディング事例はイベント企画のブランディング事例です。

埼玉県にある宿泊施設オーパークおごせでは10周年を記念して

ゆず湯に入れる柚子の数で日本一を目指すイベントが催されました。

風呂に柚子を入れた個数日本一

柚子風呂は江戸時代に始まった、冬至に邪気を払う禊として習慣化された物です。

オーパークおごせのイベントはこの柚子風呂に入れる柚子の個数を事前に数え、

参加者と一緒にお風呂に入れて日本一を楽しむという企画です。

 
なっつん
参加型の日本一イベントですね

ゆず湯は毎年施設が実施している業務の一環でしたが、この業務を

日本記録認定イベントとして、お客と楽しみながら行うイベント

という位置づけにし、さらに日本一というブランディングを

みんなでシェアするという体験を創り出しました。

日本一というブランディングは単なる企業PRではなく、

企業のお客様と一緒に創り上げる体験も作る機会となりますね。

技術や能力でない視点からのブランディング事例として

今回ご紹介いたしました。

まとめ

ブランディング 町おこし 競合優位性 会社 企業 ブランディング 事例 手法 効果 広告 マーケティング戦略 日本記録 認定 日本一 掲載 チャンピオン

最後にまとめます。この記事では

日本一を用いたブランディング事例をご紹介いたしました。

今回この記事で紹介した、日本一を用いたブランディング事例は以下の通りです。

日本一を用いたブランディング事例は以下の通りです
・お菓子の標高日本一に関するブランディング事例
・キッズヘルメットの軽さに関するブランディング事例
・ドローンで吊り下げた映像モニターの重さに関するブランディング事例
・金平糖の大きさに関するブランディング事例
・風呂に柚子を入れた個数に関するブランディング事例

そして今回の事例から分かる

日本一のブランディングを行う事で得られる事は以下の通りです。

・自称ではなく、第三者によって公式に日本一という認定を受ける
・運用実験を一般イベントとして開催する
・競合他社と明確な差別化を打ち出す
・自社企業だけでなく、顧客も巻き込む体験を創出する

このように「日本一」というブランディングは企業の差別化や技術力の高さを

一般の方に対して分かりやすく証明する指標として最適です。

ぜひ、貴方の製品や企画のブランディングの一つとして

UA日本記録の認定を目指してみてはいかがでしょうか。

貴方の挑戦をお待ちしております。

ブランディングの最新記事4件