【最上級表現を広告で使う時の注意まとめ】

最上級表現 広告

なっつん
広告の最上級表現について解説します!
この記事にたどり着いた貴方は
・広告の最上級表現で気を付けることを知りたい!
・最上級表現ってなに?
このような悩みを持っているのではないでしょうか。
この記事では「最上級表現とは何か」といった疑問をはじめ、
最上級表現を広告で使う時の注意について解説します。
なっつん
広告の最上級表現について学びましょう!
広告で最上級表現を使う時の注意点を学ぶ
まず、結論からいくと最上級表現を広告で使う時の注意点は以下の通りになります。
広告で最上級表現を使う時に気をつけることは以下の通り
・広告に関する法律を理解すること
・広告の表示の根拠を示すこと
結論だけみてもわかりづらいと思いますので、
ここからは具体的に解説していきたいと思います!
まずは「最上級表現とは何か」についてみていきましょう。
スポンサー

最上級表現とは

最上級表現 広告

なっつん
最上級表現とはなんでしょう?
最上級表現とは、他よりも優れている点をアピールする表現のことです
そもそも最上級表現とは何でしょうか。
最上級表現は、他の商品よりも優れている点をアピールする表現のことです。
具体的には、
・トップを表す言葉
最大、最小、最高、最安など
・初めてを表す言葉
日本初、世界初、元祖など
・優位性を示す言葉
一番、No.1、日本一、世界一など
といった最大級・絶対的表現が当てはまります。
なっつん
いろいろな最上級表現がありますね。
広告の宣伝でお悩みの方はご相談ください。
UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

最上級表現 広告もし、広告の最上級表現でお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒヤリングさせていただき、
広告に関して日本記録や日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

最上級表現を規制する法律

最上級表現 広告

なっつん
最上級表現の使用にはルールがあります!
最上級表現は、景品表示法という法律によって規制されています
商品を消費者にアピールするために、広告で商品の良いところを強調したいですよね。
しかし、広告で最上級表現を使用するにあたってルールがあります。
安易に最上級表現を使用すると
「景品表示法」という法律に違反する恐れがあります。
なっつん
広告の法律をよく学んでおきましょう。

景品表示法と広告

景品表示法は、商品の内容や価格などを偽って表示することを規制し

消費者の利益を保護するものです。

簡単に言えば、

「実際の商品より優れている」と表示することで違反となることがあります。

なっつん
どんな表現が違反になる可能性があるのでしょう。
スポンサー

問題となる広告の表現例

ここで、問題となる広告の例についていくつかご紹介したいと思います。

なっつん
良くない広告の例をみてみましょう。

・この技術は日本で当社だけ

しかし実際は、他社も同じ技術を使用していた。

・この周辺で一番安い店

しかし実際は、周辺の店の調査をしておらず根拠不十分であった。

・実績No.1

しかし実際は、他社とは異なる方法で数値化していて適正に比較されていなかった。

このような広告は違反になります。
なっつん
十分気を付けましょう!
また、以下の記事では具体的・実例の広告の注意点についてまとまっています。
参考にしてみてください。
例:「日本一おいしい」と表示する際の注意点
https://j-net21.smrj.go.jp/qa/development/Q0005.html
また、景品表示法の詳細は以下の記事で解説しています。
あわせてご覧ください。

最上級表現を使う時の注意点

最上級表現 広告

なっつん
気を付けるべき点についてみていきましょう。
広告で最上級表現を使う時に気をつけることは以下の通り
・広告に関する法律を理解すること
・広告の表示の根拠を示すこと
では、広告で最上級表現を使いたい時、何に気を付ければよいのでしょう。
ここでは2つのポイントについてみていきましょう。

広告に関する法律を理解する

まず、広告の表示に関係する法律について理解することが大切です。

法律違反になる条件についての知識をもち、

自分の広告が違反しないようにしましょう。

また、最上級表現の種類について学ぶことも必須です。

広告の表示の根拠を示す

最上級表現を広告で使用する際は、客観的な根拠を示しましょう。
客観性が高いのは、
利害関係のない第三者が表したデータ等です。
なっつん
広告では根拠・出典の明記が必須です!
広告の表示に根拠がない、正確性がない場合、
先程紹介した景品表示法に違反する可能性があります。
例えば、「日本初の最新技術」と広告で宣伝したいとき、
その技術が最新であること、日本初であるという根拠の表示が必要になります。
なっつん
表示しないと消費者からのクレームの恐れもあります。
「特許取得」の事実の表示などがそれにあたります。
しかし、確実な根拠を示すのは難しいことです。
ここで、日本一・日本記録を公式に認定することをお勧めします!
UA日本記録事務局では、日本一・日本記録の認定を「公式に」行っています。
そのため、はっきりとした根拠・裏付けを示すことができます。
例えば、日本記録には以下のような例があります。

焼き和菓子の薄さ日本一

このように日本一が認定されると、

広告で「日本一」と使用することができます。

なっつん
法律違反の心配がいりませんね!
広告の宣伝でお悩みの方はご相談ください!!
UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。
最上級表現 広告

もし、広告の最上級表現でお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。

お話をヒヤリングさせていただき、
広告に関して日本記録や日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

まとめ

最上級表現 広告

最後にまとめです。

この記事では、広告で最上級表現を使う時の注意点について解説してきました。

今回この記事で紹介した、広告で最上級表現を使う時の注意点は以下の通りです。

広告で最上級表現を使う時に気をつけることは以下の通り
・広告に関する法律を理解すること
・広告の表示の根拠を示すこと
広告では表現・言葉選びに気を配りましょう!
スポンサー