【2022年最新版】YouTubeで伸びる企画の考え方を徹底解説

 

YouTube 伸びる 企画

 
なっつん
YouTubeで伸びる企画の考え方を分かりやすく解説します!
この記事にたどり着いた貴方は
・YouTubeの再生回数を伸ばしたい!
・企画のたて方がわからない
このような悩みを持っているのではないでしょうか。
この記事では、YouTube動画が再生される流れをはじめ、
YouTubeで伸びる企画の考え方について紹介させていただきます!
 
なっつん
YouTubeで伸びるには企画が重要です!
YouTubeで伸びる企画の考え方のコツを学ぶ
まず、結論からいくとYouTubeで伸びる企画の考え方は以下の通りになります。
もちろん、これら以外の考え方も多くあると思いますが、この記事では以下の例を解説します。
YouTubeで伸びる企画の考え方は以下の通り

・テーマを定めよう
・動画の投稿を継続しよう
・インパクトのあるサムネイルやタイトルをつけよう

結論だけ見ても、ざっくりしていて分かりづらいと思いますので、
まずは、YouTubeの動画が再生される流れについて説明していきたいと思います。

YouTubeの動画が再生される流れ

YouTube 伸びる 企画

 
なっつん
YouTubeにはたくさんの動画がありますね。
YouTubeの再生ルートは以下の通り

・検索ブラウザからの検索
・YouTube内での検索
・おすすめ欄
・関連動画

まず、はじめに、この章ではYouTubeの再生ルートについてみていきます。

動画の再生回数を増やすためには、

インプレッションを増やす必要があります。

インプレッションとは、YouTubeユーザーが動画・サムネイルなどを目にする回数のことです。

YouTubeの動画は、主に以下のルートから再生されます。

①検索ブラウザ(GoogleやYahoo!JAPANなど)からの検索による再生

②YouTube内での検索による再生

③おすすめ欄からの再生

④関連動画からの再生

 
なっつん
4つのルートがありますね!

つまり、これら4つのルートに動画が多く表示されることで、再生される可能性が高くなります。

では、どのようにすれば自身の動画が多く表示されるのでしょうか。

次の章で解説します。

YouTube企画についてお悩みの方はご相談ください!

 

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

 

もし、YouTube企画でお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。
お話をヒヤリングさせていただき、
YouTube企画に関する日本記録や日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

インプレッションを増やすために意識したいこと

YouTube 伸びる 企画

 
なっつん
自分のYouTube動画は伸ばしたいですよね!
インプレッションを増やすために意識したいものは以下の通り

・検索キーワードとの関連性
・エンゲージメント
・YouTubeの動画の長さ

YouTubeでは独自の仕組みによって、動画の検索結果やおすすめ表示を管理しています。

それは、平均視聴時間、キーワードとの関連性、クリック率、エンゲージメント…

といった動画のいろいろなデータから判断されていきます。

ここでは、動画の検索結果やおすすめ表示を増やすために、

特に以下の3点についてみていきます。

・検索キーワードとの関連性

・エンゲージメント

・動画の長さ

検索キーワードとの関連性

YouTube 伸びる 企画

YouTubeでは、

検索されるキーワードと動画の内容の関連性がどれだけあるか

によって動画が評価されます。

動画の内容は、YouTubeのタイトルや説明欄、タグなどの文字情報をもとに判断されます。

そのため、タイトルや説明欄に動画に関するキーワードを入れることが大切になります。

また、検索されそうなキーワードを意識して、動画のタイトルをつけるのも良いでしょう。

エンゲージメント

YouTube 伸びる 企画

エンゲージメントとは、動画に対する視聴者からのリアクションのことです。

エンゲージメントは、動画の視聴回数や評価、コメント数、チャンネル登録数などによって判断されます。

エンゲージメントが多いほど、動画の検索結果やおすすめ表示が増えやすくなります。

私たちができる対策の例は、視聴者にエンゲージメントを促すことです。

 
なっつん
エンゲージメントを促してみましょう!

例えば、以下の画像はYouTube動画の最後の部分です。

動画の最後に「チャンネル登録&高評価コメントよろしくお願いします!!」

という文言をつけることで、エンゲージメントを促してい

https://youtu.be/JXyeSQuQn-M

動画の長さ

YouTubeは、YouTube上での滞在時間を重視しています。そのため、

視聴者が飽きずに最後まで見てくれるような動画作りが大切となります。

動画が長すぎると最後まで見てもらえる可能性が低くなり、

逆に短すぎると内容が分かりにくくなってしまいます。

 
なっつん
長すぎず短すぎずって難しいですよね。

特に、長い動画を作る時は、タイトルや場面展開などを意識して

視聴者の興味をひき続けるような工夫をしましょう。

YouTubeで伸びる企画の考え方とは

YouTube 伸びる 企画

 
なっつん
インプレッションを意識して考えていきましょう!
YouTubeで伸びる企画の考え方は以下の通り

・テーマを定める

・動画の投稿を継続する
・インパクトのあるサムネイルやタイトルをつける

テーマを定める

YouTube 伸びる 企画

伸びる企画では、テーマがしっかり定まっています。

動画内容の起承転結がしっかりしていて、

動画を通して伝えたいことが分かりやすくなるからです。

また、テーマによって好ましい動画の長さも変わってきます。

視聴者が求めているものを知り、テーマを決めてみましょう。

テーマの決め方については以下のリンクをご参照ください。

【2022年最新版】オススメのYouTube企画100選

人気動画と同じ企画内容を行うだけでは、

その人気動画と競合してしまい伸びる企画にはなりにくいです。

そのため、人気動画を参考にしつつ、オリジナリティーを加えてみましょう。

 
なっつん
「オリジナル」が大切です!

また、私たちは

新しいことにチャレンジしている企画や普段体験しないことを題材としている企画

などに興味を持ちやすいです。

実際、今はなかなか行けない旅行の動画などが人気になっています。

そこで、YouTubeの企画例として日本記録に挑戦する企画がおすすめです!

他の人が取り組んでいない企画を見つけやすく、非常に人気となっています。

YouTube企画についてお悩みの方はご相談ください!

 

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

 

もし、YouTube企画でお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。
お話をヒヤリングさせていただき、
YouTube企画に関する日本記録や日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

動画の投稿を継続する

伸びる企画を考える時に、YouTubeの毎日投稿が勧められることがありますが、

特に大切なポイントは、動画の投稿を継続できるかどうかです。

人気YouTuberは、YouTube投稿が継続されていますよね。

例えば、大人気YouTuber「HIKAKIN(ヒカキン)」さんをみてみましょう。

YouTube 伸びる 企画

 
なっつん
投稿が継続していますね!

インパクトのあるサムネイルやタイトルをつける

私たちは普段、以下のような流れで動画を再生すると思います。

画面をスクロールして動画を探す

→サムネイルを見る

→タイトルを見る

→動画の冒頭部分を見てみる

つまり、YouTubeを視聴する時に一番初めに目に入るのがサムネイルです。

数多くある動画の中から自身の動画を選んでもらうために、

視聴者の目に留まるようなインパクトのあるサムネイルを考えることが大切です。

 
なっつん
他の動画のサムネイルも参考にしてみよう!

サムネイルは、視聴者が最初に目にする動画コンテンツです。

また、YouTubeでは、よくクリックされる動画ほど上位に表示されるというルールがあります。
よって、魅力的なサムネイルはクリック数を増やすだけでなく、上位表示されやすくなるという傾向も持ち合わせます。

引用:https://www.somethingfun.co.jp/video_tips/youtube_thumbnail

上記の引用のリンクでは、

YouTubeサムネイルの作り方についても解説していますので気になる方はご覧ください。

またタイトルについても、ただ動画の内容を伝えるだけではなく

視聴者が見たくなるような工夫があると良いでしょう。

 
なっつん
サムネイルとタイトルは大事ですね!

まとめ

YouTube 伸びる 企画

最後にまとめです。

この記事では、YouTubeで伸びる企画の考え方について、具体的な例とともに解説してきました。

特に現在、日本記録に挑戦する企画は非常に人気です!

今回この記事で紹介した、YouTubeで伸びる企画の考え方の例は以下の通りです。

YouTubeで伸びる企画の考え方

・テーマを定める
・動画の投稿を継続する
・インパクトのあるサムネイルやタイトルをつける

皆さんもぜひYouTubeの企画を作って投稿してみましょう!

YouTubeの最新記事4件