商品ブランディング 日本一 UA-JAPAN RECORDS

商品ブランディングを決める上での悩み

  • どうやって自分の商品をブランディングすればいいか分からない
  • 商品ブランディングの成功事例が知りたい
  • 商品ブランディングで失敗したくない

この記事にたどり着いたあなたは、おそらく上記の様に自分の商品をブランディングする上での悩みがあるのでは無いでしょうか?

こんにちは、私たちは様々な様々な「日本一」を収集・保管・記録する機関として活動を行っているUA日本記録です

今回はあなたのお持ちの商品やこれから生み出す商品が世の中により知ってもらえるブランド商品になる上で重要な、

商品ブランディングを知るために

商品ブランディングの成功事例をご紹介させていただきます。

この記事を読んで頂ければ商品ブランディングを考えなければいけないあなたに

具体的なイメージをつかむキッカケになる内容となっていますので是非最後までお読みください。

商品ブランディング 日本一 UA-JAPAN RECORDS

ブランディングとは

ブランディングとは、

ブランドを作るための活動を示す言葉です。

ブランドとは、「自分の商品」を「他の商品」を分ける意味を持っています。

参考サイト:https://innova-jp.com/branding/

商品ブランディングとは

商品ブランディングとはブランディングの中でも商品に対して行われるブランドを位置付ける活動を言います。主に、コンセプト作りや、ロゴ、他の類似商品との違いを打ち出す等の活動があげられます。

参考サイト:https://www.tcd.jp/branding/06-focus/brandprocess_1.html

商品ブランディングの戦略として「日本一」を目指すという選択肢

商品ブランディングの選択肢として、あなたの商品を「日本一」に登録するのも一つの手法です。

あなたの商品が日本一に認定されれば、商品ブランディングの到達点である「自分の商品」と「相手の商品」を明確に分ける事が可能です。

日本記録に挑戦する

商品ブランディング成功事例5選

商品ブランディング 日本一 UA-JAPAN RECORDS

それでは、商品ブランディングの具体的なイメージを知るために、

商品ブランディング「成功事例を5つ」ご紹介いたします。

商品ブランディング成功事例①無印良品

商品ブランディング 日本一 UA-JAPAN RECORDS
出典:無印商品公式ホームページ

無印良品は、日本で生まれで生まれた雑貨ブランドで、現在は国内・海外を含め900店舗を展開しています。

無印良品の商品ブランディング

「奇抜さを狙わない」という統一されたコンセプトです。

創業当初から「これがいい」ではなく、「これでいい」というような、

強い嗜好性や過剰演出された一般商品と対照的な立ち位置を取る事で、

シンプルでナチュラルなデザインを好む層から一般的なライフスタイルの人々にも受け入れられる商品ブランドとして成功しました。

その商品ブランディングがずれないために、「自然と。無名で。シンプルに。地球大。」というブランドコンセプトに則ってあらゆる商品を統一させる商品ブランディングが行われています。

商品ブランディング成功事例②バーミキュラ

商品ブランディング 日本一 UA-JAPAN RECORDS
出典:バーミュキュラオンラインショップ

バーミキュラは鋳造メーカーである愛知ドビーが製造販売しているお鍋の商品ブランドです。気密性を非常に高くすることで、素材の水分だけで調理を可能にする無水調理を最大の特徴として売り出しています。

バーミキュラの商品ブランディングは通常の商品よりも値段は高いがそれに見合った価値を得られるという

「高価格・高付加価値」を提供する商品ブランディング戦略です。

バーミキュラが掲げている商品コンセプトは「暮らしをかえる鍋」そしてそのコンセプトによって作られた商品によって

「息子がブロッコリーを食べた」「調味料を使わなくなった」「外食しなくなった」

など商品の機能によって日常生活の質を上がるイメージを描いています。

この商品ブランドを確立させるための商品ブランディングとして、

バーミキュラにはブランド専用のコールセンターが会社の問い合わせとは別に設置されています。さらに、バーミキュラのブランド商品で料理を作る専属シェフを雇用し、お客の料理相談へのレシピ提案も行っております。

バーミキュラの商品ブランディングの成功には

「高価格・高付加価値」とそれに見合うコンセプトを維持するためのサービスに力を入れる事で商品ブランドを確立させるブランディング戦略を行っています。

もし高機能の商品を日本一に認定しようと思った場合は

仮に、バーミキュラの様な「お鍋の気密性」でUA日本記録に挑戦する場合は、このような流れになります

  • 記録の申込申請
  • 各種定義の設定
  • 記録を証明する客観的データの提出

UA日本記録が定めたお鍋の定義、気密性の定義、記録を数値化したデータを提出し、既存の記録を更新している事が証明できればあなたの商品を「日本一」に認定いたします。

日本記録に挑戦する

商品ブランディング成功事例③ダヴ

商品ブランディング 日本一 UA-JAPAN RECORDS
出典:ダヴ公式ホームページ

ダヴはアメリカで生まれた石鹸のブランドで、汚れを落す目的だけでなく潤いを与えるという価値を提供することで、現在は世界80ヶ国で販売されています。

ダヴの商品ブランディング

既成の価値観を打ち崩す「ブランドのアイデンティティ」をしめす

という商品ブランディングを行っています。

ダヴは女性をターゲットに「あなたらしさが美しさ」というアイデンティティを掲げる事で、「美しさはこうあるべき」という元々存在していた価値観と対照的な立ち位置を取り、多くの支持を獲得することが出来ました

ダヴはこのブランドアイデンティティをより広げていくための商品ブランディングとして女性の自己肯定感を高め、自分自身の美しさに気付くきっかけをつかむために「ダヴ リアルビューティースケッチ」など様々なキャンペーンを行っています。

商品ブランディング成功事例④杉山フルーツ

商品ブランディング 日本一 UA-JAPAN RECORDS
出典:杉山フルーツ公式ホームぺージ

杉山フルーツは静岡県にある個人商店の果物屋さんで、特に自家製のフルーツゼリーに高い人気があります。

杉山フルーツの商品ブランディング

徹底的に最高の果物を届ける

という高品質をコンセプトにした商品ブランディングです。

人気のフルーツゼリーに対して、大手企業から何度も全国展開の連絡を持ちかけられても、ブランディングが達成出来ない事を理由に断り続けています。また、仕入をしたフルーツを毎日1つ1つ箱から出して、痛みや傷のチェックを行うという徹底をしています。

そういった高品質な商品を提供し続けるために行っている日々の商品ブランディングの取り組みによって信頼を得た商品が、現在の杉山フルーツの果物とフルーツゼリーのブランドを確立させています。

商品ブランディング成功事例⑤レッドブル

商品ブランディング 日本一 UA-JAPAN RECORDS
出典:レッドブル公式ホームページ

レッドブルはオーストラリアで生まれたエナジードリンクです。現在は世界171か国で販売されていて、750億本以上もの販売実績がある有名飲料です。

レッドブルの商品ブランディング

主役をターゲット層にする

という商品ブランディングを行っています。レッドブルのエナジードリンクには他のライバル商品の記載や宣伝にあるような含有されている物などの特徴の宣伝は一切せず、「翼を授ける」という飲んだ人に焦点を当てた打ち出し方をしています。

この商品ブランディングはレッドブル創業者による「飲料ではなくエキサイティングな体験を与えるサポート品」というう商品コンセプトに由来しているからです。

栄養を補う飲料ではなく エキサイティングな体験をするための助けをする商品という独自のポジションを取るという商品ブランディングによって、ライバル商品より高い値段であるにもかかわらず成長している商品ブランドの成功事例となっています。

もし商品の販売実績で日本一に認定しようと思った場合は

仮に、商品の販売実績でUA日本記録に挑戦する場合は、販売実績を証明する資料があれば挑戦が可能です。

レッドブルは全世界での販売実績ですがUA日本記録は日本国内での記録認定ですので、国内売上データのみを採用いたします。

あなたの商品が「日本一売れている」という事を正式な「日本一」として登録することも商品ブランディングの一つになります

日本記録に挑戦する

まとめ:

いかがだったでしょうか。

今回はあなたがマーケティングや社内会議で商品ブランディングを考える時の参考として、商品ブランディングの成功事例を5つご紹介しました。

商品ブランディングの成功事例
  • 無印良品:一般商品と対照化を計る

  • バーミキュラ:高付加価値高価格で顧客に満足を与える

  • ダヴ:商品アイデンティティを明示して共感を得る

  • 杉山フルーツ:最高の商品を届けるという理念に遵守する

  • レッドブル:独自ポジションを獲得することで地位を確立する

それぞれが商品ブランディングを駆使して見事にブランドを確立させ商品ブランディングの成功事例となっています。

商品ブランディングはあなたの商品の価値を高め、世の中の多くの人々に知ってもらうための重要な戦略です。しっかり考えて商品のブランディングを高めていきましょう。

そして、日本一を認定するUA-JAPAN RECORDSはあなたがお持ちの商品を「日本一」という唯一無二のブランドにするので商品ブランディングとして非常に有効なブランディング戦略となります。

既にUA-JAPAN RECORDSでは「最も大きな金平糖を作ってる会社」や「キッズヘルメットの軽さ日本一」など様々な商品の日本一を認定し、日本の商品ブランディングに貢献しています。日本記録への挑戦は下記フォーマットより申請できます。ぜひこの機会にあなたの商品に「日本一」というブランド価値をつけるブランディングを手に入れましょう。

日本一に挑戦する