企業ブランディングの手法と事例紹介

企業ブランディング 手法 事例 日本記録

 
なっつん
ブランディング手法を解説します!

この記事にたどり着いた貴方はきっと

・企業ブランディングの手法と事例が知りたい
・企業ブランディングのをやるための手法と事例を探してる
・企業ブランディイングの手法を用いた事例が知りたい

といった企業ブランディングの手法についてお困りではないでしょうか?

この記事では企業ブランディングに触れつつ

企業ブランディング手法とその事例について解説します。

 
なっつん
ブランディング手法について学びましょう!メント
企業ブランディング手法と事例を学ぶ
まず、結論からいくと、企業ブランディング手法と具体的な事例は以下の通りです。
企業ブランディング手法とそれぞれの事例は以下の通りです
・企業の市場での立ち位置を知る3C分析(事例:マクドナルド)
・企業に影響を与える環境を知るPEST分析(ライフネット生命)
・企業の現在のブランディングを知るSWOT分析(トヨタ自動車)
結論だけ見ても、わかりにくいと思いますので、
ここからはそれぞれのブランディング手法について解説していきます!
企業ブランディング手法を学んで貴方の企業戦略に活かしましょう!

企業ブランディングとは

企業ブランディング 手法 事例 日本記録

 
なっつん
企業ブランディングとは何なのでしょう?
企業ブランディングとは他者との違いを明確にしてみんなに知られる企業になる事である

企業ブランディングとは、企業の商品サービスや企業そのものとして、企業内外に

メッセージを発信することで以下の物を獲得する行為です。

・認知度向上
・共感の獲得
・似た商品や他社との差別化

つまり企業ブランディングの手法は、

他者とは違う事を明確にし、企業内外から共感を得て、みんなに知られる商品や企業になる、ために行う手法となります。

もっと詳しく企業ブランディングを知りたい方はこちらの本がおススメです。

企業ブランディングの達成までの流れ

企業ブランディング 手法 事例 日本記録

 
なっつん
ブランディング手法の流れを把握しましょう!
 

企業ブランディングを達成させるために行うブランディング手法の流れは以下の通りです。

1.現状分析
2.ブランディングの明確化
3.具体的な手法考案
4.手法の実行と検証

今回の記事では1.の現状分析を行うためのブランディング手法として、

3つの手法と事例をご紹介します。

企業ブランディングで現状分析のための3つの手法と事例

企業ブランディング 手法 事例 日本記録

それでは本題です。

企業ブランディング手法において現状分析として今回解説するのは以下の手法です。

・3C分析
・PEST分析
・SWOT分析

これら3つの手法について1つずつ解説していきます。

 
なっつん
3つの手法を学んでいきましょう!

3C分析

企業ブランディング 手法 事例 日本記録

 
なっつん
企業の今後を考えましょう!
3C分析は現状を把握し今後の立ち位置を考察するための手法である
3C分析とは、ブランディングを行う上で市場における自社の環境について、
市場での可能性や戦略などを分析するための手法です。
3C分析の3Cとは以下の3つの単語の頭文字です。
Customer(顧客)
Competitor(競合)
Company(自社)

この3つの関係性を明示し分析します。

企業ブランディング手法において3C分析は

市場でのニーズや競合他社の動き、自社の強みなどを把握する事が可能です。

3C分析の具体例:マクドナルド

3C 企業ブランディング 分析

 
なっつん
マックの立ち位置を見て見ましょう!
マクドナルドを3C分析に当てはめると以下の通りです
・顧客:スピードやテイクアウトの容易さを求めている
・競合:モスバーガーやコンビニエンスストア
・会社:業界No1のシェアを誇る
3C分析を使った手法で具体的な事例として
ハンバーガーのファーストフードであるマクドナルドを3C分析で紹介します。
マクドナルドが属する顧客(Customer)は注文から完成までの
スピードやテイクアウトの容易さ求めるユーザーがいて、
マクドナルドの競合(Competitor)はモスバーガーやコンビニエンスストアなどが存在し、
マクドナルド自身(Company)は業界No.1のシェアを活かした
マーケティングやサービス開発に挑戦しやすい環境下である。
 
なっつん
マクドナルドの現状が客観的になりました!
3C分析の手法はこのように、自社や他者の立ち位置を
3つの要素から事例をあげ分析することで、
現状を把握し今後の企業の立ち位置を考えていくための企業ブランディング手法
として使われます。
企業ブランディングについてお悩みの方はご相談ください!!

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

 


もし、企業ブランディングでお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。
お話をヒヤリングさせていただき、
日本記録や日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

まずは無料相談する

PEST分析

企業ブランディング 手法 事例 日本記録

 
なっつん
企業がいる環境を知りましょう!
PEST分析は企業を取りまく環境を分析する手法である

PEST分析は、政治・経済などのマクロ環境を分析する手法です。

PEST分析のPESTとは、それぞれの単語の頭文字です。

・Politics(政治)
・Ecnomy(経済)
・Society(社会)
・Technology(技術)

これらの企業を取り巻くこれら4つの要素を明確にすることで、

企業ブランディングに対する外部環境の分析を行います。

PEST分析の具体例:ライフネット生命

PEST 企業ブランディング 分析

ライフネット生命のサービス改訂をPEST分析に当てはめると以下の通りです
・政治:婚姻制度の多様化
・社会:同性愛の理解が進む
・経済:同性同士で生活する
・技術:保険商品の改訂

PEST分析を使た具体的な手法事例として

同性パートナーを取り入れたライフネット生命の事例をご紹介します。

ライフネット生命は婚姻制度の多様化(Politics)によって、

同性愛に関する理解が進む(Sciety)事を予想し、

生命保険の受取人に同性パートナーを指定できる(Ecnomy)よう

サービスの改訂(Technology)を行いました。

 
なっつん
サービスを変更する指標になったんですね

このように、企業ブランディングを行う上で、

企業を取り巻く環境の動向を知るために用いる手法がPEST分析となります。

SWOT分析

企業ブランディング 手法 事例 日本記録

 
なっつん
企業の今を知りましょう!
SWOT分析は企業ブランディングの現状を知るために用いる手法である

SWOT分析は企業の現状から成功要因を導き出したり、

今後実施するべき手法を見出すことを目的とした分析手法です。

SWOT分析のSWOTとは以下の単語の頭文字です。

・Strength(強み)
・Weakness(弱み)
・Opportunity(機会)
・Threat(脅威)

これらの単語の頭文字を示し、この4つを知る事で、企業の現状を理解するための手法です。

SWOT分析の具体例:トヨタ自動車

SWOT 企業ブランディング 分析

トヨタ自動車をSWOT分析に当てはめると以下の通りです
・強み:世界で強い販売力
・弱み:国内は市場縮小
・機会:発展途上国で市場拡大
・脅威:軽自動車生産

SWOT分析の具体的な事例として、トヨタ自動車の事例を紹介します。

トヨタ自動車は世界で強い販売力を誇り(Strength)、

発展途上国における市場拡大(Opportunity)する一方、

日本国内では人口減少による市場縮小が想定されています(Threat)。

そして、国内で需要が増加した軽自動車の生産には

力を入れてこなかった(Wearkness)という現状があります。

 
なっつん
トヨタ自動車の現状の強みと弱みが分かりますね!

このように企業ブランディングの現状を知る手法に用いられるのがSWOT手法です。

まとめ

企業ブランディング 手法 事例 日本記録

最後にまとめです。この記事では、企業ブランディングについて触れつつ、

企業分析に用いる企業ブランディング手法の解説をしました。

今回この記事で紹介した、企業ブランディング手法は以下の通りです。

企業ブランディング手法とそれぞれの事例は以下の通りです
・企業の市場での立ち位置を知る3C分析(事例:マクドナルド)
・企業に影響を与える環境を知るPEST分析(ライフネット生命)
・企業の現在のブランディングを知るSWOT分析(トヨタ自動車)

やみくもに企業ブランディングを行うのではなく、

1つ1つ順番に着実に成功目指して企業ブランディング手法を用いていきましょう!

企業ブランディングについてお悩みの方はご相談ください!!

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。

 


もし、企業ブランディングでお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。
お話をヒヤリングさせていただき、
日本記録や日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

まずは無料相談する

ブランディングの最新記事4件