【2022年版】日本一サケの消費量が多い都道府県

サケ 日本一 北海道 日本記録 消費量

この記事にたどり着いたあなたは

・サケを日本一消費している都道府県ってどこだろ?
・住んでる地域ではサケが食卓に出ることが多いけどもしかして日本一なのでは?
・漁業で日本一を目指しているけどサケってどうなんだろ?

魚に関する日本一に興味があるのではないでしょうか?

そんなあなたに今回は「日本一サケを消費する都道府県」についてお教えします!

ちなみに貴方はどこの都道府県だと思いますか?

北海道です!

サケ 日本一 北海道 日本記録 消費量

日本一サケを消費する都道府県は、北海道!!

そうなんです!日本一サケを消費する都道府県は北海道!

北海道と言えば、もちろん海の幸で有名ですよね。

すべての面が海に囲まれていて、海の幸の出荷量、消費量ともに日本一です。

そして、日本一サケを食卓に出しているのも北海道。

今回ご紹介する記事では

北海道のサケの消費量他、

  • なぜ北海道がサケで日本一なのか?
  • 北海道について
  • 北海道の農業について

なども紹介しています。

魚の雑学として

北海道の雑学として

サケの雑学として

さらに、魚で日本一の認定を取るときの参考になれば嬉しいです。

それでは詳しく北海道のサケ日本一についてご紹介していきますね!!

魚で日本一の認定を受けたい方はまずはご相談を!

  • 日本一大きな魚
  • 日本一重い魚
  • 日本一の漁獲量

サケの他にもあなたが漁獲やフィッシングした魚が

UA日本記録に認定できる日本一があるかもしれません

日本記録の認定を受けたい方はまずは無料相談にてご相談ください。

まずは無料相談する

今回日本一を調べるための元データ

サケ 日本一 北海道 日本記録 消費量

今回サケの消費量日本一が北海道であるデータの基準として

総務省家計調査から一般世帯における購入量=消費量と考え調査しています。

家計調査では、各都道府県の都市に住む100世帯前後を調査していて1家族の年間消費量が目安です。

都道府県別にデータを見ることができるため、

日本一の北海道を始め47都道府県の数値も調べる事ができます。

国が行っている統計ですので、

日本一を認定する時の基準として最適です。

現時点で最新の

2018〜2020年の北海道の消費量におけるサケの消費量のデータをもとに北海道を日本一として紹介しています。

サケとは

サケ 日本一 北海道 日本記録 消費量

サケは、サケ目サケ科の海水魚です。

私たちが一般に「サケ」と呼んでいるものは、「シロザケ」といいます。

日本食といえば、魚料理があげられますよね。

私たち日本人にとって欠かせないものです。

そんな魚の一種であるサケは北太平洋を広く回遊し、河川に上って卵を産みます。

ありがたいことに、私たちはサケを魚としてだけでなく、

筋子やいくらといった卵でもいただきますよね。

日本でサケの消費量が最も高い都道府県は、北海道ですが

次いで、「青森県」「群馬県」「新潟県」「岩手県」と順に、東日本が上位を占めています。

北海道には9月ごろ、本州には11〜12月ごろに産卵のために遡上して来るものを「アキアジ」といいます。

また、5〜6月の初夏に現れるものを「時シラズ」といい、脂も乗って肉質は紅色で柔らかいことが特徴です。

サケは北太平洋で回遊し、産卵するので

東日本の地域では新鮮なサケが食卓に並ぶのでしょうね。

北海道や東北地方では、自然の恵みに感謝したサケの民話が数多くあります。

色々な食べ方があり、サケの皮を衣服や靴などに加工するなど、

古来から生活になくてはならない神の魚であったともいわれています。

先ほども言ったように、サケにはさまざまな呼び名があります。

地方によってさまざまあるのですが、ここでは北海道で呼ばれている名前をいくつかご紹介します!

北海道では、小型サイズのサケを表すピンコ、

産卵を終えたサケを表すホッチャレ、

北海道の東側付近に近づくサケを表すメジカなど、状態や形状を表す呼び名があります。

面白いですよね!聞いたことある呼び名はありましたか!?

サケの消費量日本一は北海道

2018〜2020年の家計調査から、日本全国のサケの平均消費量は2,622g。

日本一サケの消費量が多い都道府県は「北海道」

日本一サケを食卓にのせている北海道の記録は、4,731g!

金額はなんと、7,431円!

北海道は日本全国で平均的に消費されているサケの約2倍の量にあたりますね!

海の幸で有名な北海道、さすがです!!

あなたが釣った魚がもしかしたら日本一に登録できるかも!?

今回の記事にあるサケの消費量は国が取得した統計という客観的なデータで証明された記録です。つまり、日本一を認定するUA日本記録の基準である客観的な数値で計測された証拠を有しています。

サケの他にもあなたが漁獲した、フィッシングした、魚が日本一を誇る基準ががあるかもしれません。魚の日本一の認定は消費量他、出荷量、大きさや重さなど客観的に証明できる証拠が提出できれば認定可能です。

あなたの日本一をUA日本記録として公式に認定してはいかがでしょうか。

日本一への認定のご相談は下記リンクから無料で行えます。

まずは相談してみましょう!!

ここまで北海道はサケ日本一!

北海道は漁業日本一!

北海道ではなぜ多くのサケ(魚)がとれるのでしょうか?

理由は、北海道が面している北太平洋を親潮が占めていることなどがあげられます。

親潮の海水には、魚の栄養分になるプランクトンがたくさん存在しています。

そのため、餌を求めて大量の魚がやってくるのです。

それでは、北海道についてみていきましょう。

北海道について

サケ 日本一 北海道 日本記録 消費量

北海道の人口は全国8位、面積は1位。日本の面積の約5分の1にあたります。

人口密度は、47都道府県のなかで最も低く、1平方キロメートルあたり約70人。

ちなみに一番人口密度のある東京は、約6,400人。北海道のほぼ90倍ですね。

北海道は、夏が短く、冬は寒さが厳しい特徴の亜寒帯という気候に属しています。

冒頭からお伝えしているとおり、海の幸で有名で、漁業がさかんな地域です。

サケの他にも

  • ホタテ
  • ホッケ
  • サンマ

なども有名です。

北海道は、サケだけでなく、

ホタテの出荷量日本一

ホッケの出荷量日本一

サンマ出荷量の日本一

など、漁業に関して多くの日本一が存在しますが、

北海道が有名なのは漁業だけではありません。

野菜の生産もさかんで、とくに

  • ジャガイモ
  • タマネギ
  • ニンジン
  • ダイコン
  • カボチャ
  • トウモロコシ
  • ヤマイモ
  • トマト

などがあります。

北海道の農業について

北海道は農家一戸あたりの耕地面積がおよそ38ヘクタール。

これだけ広い農地で収穫するのはとても大変です。

そのため、北海道では大きなトラクターを使い、作物の収穫をしています。

大型の機械を使うことで、大幅な作業の効率化をはかっています。

北海道は食料自給率が約200%で、日本の食料基地として、日本の食の安定供給に貢献しています。

日本一の能力の機械製品をUA日本記録に認定しませんか?UA日本記録では、

  • スッポンの重さ日本一
  • 1分間で後ろとびを跳んだ回数日本一
  • ドローンで吊り上げた映像モニターのサイズ日本一

など、様々な機器や機材能力の日本一認定を行っています。

あなたの所有している機械製品や開発した製品は客観的に数値で証明できれば日本一への認定も可能かもしれません。

あなたの製品が日本一に認定できるかどうか

まずは無料相談にてお問い合わせください。

まとめ

サケ 日本一 北海道 日本記録 消費量

いかがだったでしょうか。

今回は総務省の家計調査のサケのデータをもとに、

日本一サケを消費している都道府県は北海道ということ紹介しました。

  • たくさんの魚や作物がとれる気候があるから日本一
  • 漁業に最適な海水があるから日本一
  • 日本一サケがとれるから消費量も日本一

これらの要因が合わさって北海道はサケの消費量日本一という結果を出しています。

UA-JAPANRECORD事務局では今後も北海道を始め

都道府県の様々な皆さんのタメになる

日本一をご紹介していきますので、

これからも読んでもらえると嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

日本記録の認定はUA日本記録

UA-JAPAN RECORDS事務局は日本人の自己肯定感の向上を目指し様々な日本一をUA日本記録として認定を行っています。

  • お菓子屋の標高日本一
  • スキーリフトの長さ日本一

など様々な日本一を認定してきました。

今回の記事内容である北海道におけるサケの消費量などに関しても統計データなど客観的に証明できる数値で計測できる物であれば

UA日本記録として日本一の認定も可能かもしれません。

貴方が持っている日本記録をUA日本記録として公式に認定してはいかがでしょうか。

日本一への認定のご相談は下記リンクから無料で行えます。

まずは相談してみましょう!!