【2022年版】日本一お酒の消費額が多い都道府県

お酒 日本 日本記録 日本一
 
なっつん
日本一お酒を飲むのはどこでしょう?
この記事にたどり着いた貴方は
・日本一お酒を飲んでいる都道府県ってどこ?
・オンライン飲み会が増えたけど、結局お酒好きの多い都道府県って?
・お酒に関する日本一に興味がある!
「お酒」と「日本一」に興味があるのではないでしょうか?
そこで今回は、「日本一お酒の消費額が多い都道府県」についてお教えします!
お酒の消費額日本一のお都道府県とその理由を学ぶ
日本一のお酒好き都道府県ははたしてどこなのでしょうか?
答えはこちら!
日本一お酒の消費額が多い都道府県は?
北海道
お酒 日本 日本記録 日本一
 
なっつん
予想通りでしたか?

そして、北海道がお酒の消費額日本一の理由は以下の通りです。

・北海道は酒豪遺伝子の出現率が多い
・北海道はビールメーカーやウイスキーなどお酒とかかわりが深い
・北海道はお酒が進む美味しい食に溢れている

そうなんです!

日本一お酒の消費額が多い都道府県は、北海道でした!

ちなみに、2位 青森県、3位 秋田県、4位 神奈川県、5位 新潟県と続きます。

我こそは日本一のお酒好きだという方や、

お酒に関する日本一の認定を目指している方の参考になれば嬉しいです。

日本一認定についてお悩みの方はご相談ください!!

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。


もし、日本記録でお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。
お話をヒヤリングさせていただき、
日本記録や日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

まずは無料相談する

お酒の消費額ランキングの参考にしたデータ

マーケティング戦略 プロモーション 町おこし 事例 成功 日本一 日本記録

 
なっつん
今回基準にしたデータについてです!
お酒の消費額は家計調査のデータを基にした
今回お酒の消費額日本一が北海道というデータの基準として参考にしたのは、

総務省統計局が毎年行っている『家計調査』です。

家計調査は、一定の統計上の抽出方法に基づき選定された全国約9千世帯の方々を

対象として、家計の収入・支出、貯蓄・負債などを毎月調査しています。

引用元:総務省統計局

 
なっつん
日本世帯の平均家計簿です!

家計調査は1953年から毎年実施されている歴史ある調査であり、

個人消費を販売者の側からではなく消費者の側から捉えられる唯一の調査としても

重要な役割を果たしています。

 
なっつん
何にどのくらいお金を使ってるかが分かります!

今回利用したデータは、総務省統計局の家計調査のうち、2020年の

二人以上の世帯の家計収支編から引用しました。魚介類や肉類、乳卵類、野菜類などに

細分化された項目のうち、「酒類」のデータを取りあげました。

お酒とは

北海道 日本一 お酒 消費額

 
なっつん
お酒って色んな種類がありますよね
お酒とはアルコールが1度以上の飲料である
ビール、ワイン、日本酒、焼酎、ウイスキー・・・など、
世界には色んな種類のお酒があります。
日本の法律「酒税法」によるとお酒とはアルコール分が1度以上の飲料の事を言います。
様々な種類のお酒も大きく分けると以下の分類に分ける事ができます。
・醸造酒(ワイン、ビール)
・蒸留酒(焼酎、ウイスキー)
・混成酒(梅酒、リキュール)
お酒のアルコール分は酵母菌の発酵によるものです。
 
なっつん
分解された糖がアルコールに!!
発酵された物をそのまま飲むお酒が醸造酒、
醸造酒を加熱し蒸留して作られるお酒が蒸留酒、
蒸留酒に果実や砂糖などの副原料を加えて作られるお酒が混成酒です。

お酒の消費額日本一は北海道

 
なっつん
北海道の消費額はいくらでしょう?
北海道の所在地である札幌市のお酒消費額は63,985円で全国平均より高い
2020年度の家計調査にある都道府県所在市別1世帯当たりの酒類消費額のデータによると
日本一お酒を消費する北海道札幌市の金額は63,985円です。
全国平均は46,276円ですので、1万7千円以上消費している事になります。
また、酒類別金額を見るとビールについても北海道が消費額日本一となっています。

北海道について

北海道 日本一 お酒 消費額

 
なっつん
北海道について紹介します!
北海道は日本で唯一の道であり、魅力度ランキング13年連続1位である

北海道は日本の北部・北海道地方に位置する大きな島で、47都道府県の中で唯一の道です。

明治維新の時、かつて蝦夷地と呼ばれていたこの地を、五畿七道にならい、

8つめの「道」として「北海道」と名付たのが現在にも残っています。

北海道の道庁所在地は札幌市で、都道府県人口は全国8位、面積は堂々の全国1位です。

ブランド総合研究所の「都道府県の魅力度ランキング」でも、

2009年から13年連続で1位に選ばれるなど、北海道は日本一が多い都道府県なんですね!

お酒以外の北海道の日本一

北海道 日本一 お酒 消費額

 
なっつん
北海道はお酒以外も日本一が沢山!

もちろん北海道にはお酒以外にも日本一の物がたくさんあります。

お酒の消費額以外の北海道の日本一を一挙にご紹介します。

・ピザハット店舗数
・昆布漁獲量
・生乳生産量
・蒸気時計の大きさ
・直線道路
 
なっつん
ピザ!?
北海道は農業、漁業、道路、時計、チェーン店舗数など、
様々な日本一がある都道府県ですね。

日本一認定についてお悩みの方はご相談ください!!

UA日本記録事務局は、数々の日本記録の認定・登録をしています。


もし、日本記録でお悩みの方がいらっしゃいましたら、
まずは一度無料でご相談ください。
お話をヒヤリングさせていただき、
日本記録や日本一として認定することが可能な
「特別」を見つけるお手伝いをさせていただきます。

まずは無料相談する

北海道がお酒の消費額日本一の理由

ピーマン 日本一 野菜 日本記録 茨城県

総務省の統計である家計調査により、北海道のお酒の消費額が日本一である事は分かりました。

ではなぜ北海道がお酒の消費額日本一なのでしょうか。

北海道がお酒の消費額日本一の具体的な理由は以下の通りです。

・酒豪が多い
・大手ビールメーカーがある
・お酒に合う食べ物が多い
それぞれ紹介していきます。

酒豪が多い

北海道 日本一 お酒 消費額

 
なっつん
北海道はお酒に強い?
北海道は酒豪遺伝子の出現率が多い都道府県である
元筑波大学教授の原田勝二さんのお酒に強い遺伝子型の出現率調査によると、
北海道は全国で7番目に酒豪遺伝子の出現率が多い都道府県になります。
多くのお酒を飲んでも大丈夫な酒豪の人が多い土地柄が、
北海道のお酒の消費額日本一の要因になったのでしょうね。

大手ビールメーカーがある

北海道 日本一 お酒 消費額

 
なっつん
札幌と言えばサッポロビール!
北海道はビールやウイスキーなどお酒とかかわりの深い地域である
北海道札幌でお酒と言えばサッポロビール株式会社ですね!
サッポロビールの歴史は1869年(明治2年)の北海道開拓から始まります。
また、札幌すすきの交差点には巨大なひげのおじさんの看板があります。
あれも、お酒にまつわるものです。
あのおじさんは札幌のウイスキー「ブラックニッカ」にデザインされたキング・オブ・ブレンダーズのW.P.ローリー氏です。
このように北海道はお酒と非常に関りのある地域となっています。

ビールに合う料理が多い

北海道 日本一 お酒 消費額

 
なっつん
北海道と言えば食ですね!
北海道はお酒が進む美味しい料理が豊富である
北海道は非常に食に豊かな都道府県です。
・カニ、イクラ、ウニ、ホタテなどの海鮮
・ラーメン
・ジンギスカン
・スープカレー
・ザンギ
食が豊富だと、お酒が進みます。
お酒が進むとお酒のつまみになる美味しい料理が必要です。
北海道の非常に豊かな食がお酒の消費額日本一に貢献したのは間違いないですね!

まとめ

海の家 海水浴場 日本一 日本記録 千葉県

最後にまとめます。

今回は総務省統計局の家計調査の酒類のデータをもとに

日本一お酒を消費している都道府県は北海道であることを紹介しました。

北海道がお酒の消費額日本一の理由は以下の通りです。

・北海道は酒豪遺伝子の出現率が多い
・北海道はビールメーカーやウイスキーなどお酒とかかわりが深い
・北海道はお酒が進む美味しい食に溢れている
酒豪が多い地域に美味しい料理と長いお酒の歴史がある北海道は
必然的にお酒の消費額が他の都道府県に比べ多くなってしまうんでしょうね。
 
なっつん
北海道に行きたくなってきましたね!
この記事で興味を持った貴方も
一度北海道でおいしい料理とお酒を堪能して道民の気持ちを味わってみてはいかがでしょうか。
UA日本記録はこれからも皆さんのためになる日本一をご紹介していきます。
最後まで読んで頂きありがとうございました!